ホーム > アルバム > AP157D ハイドン:交響曲第83番「めんどり」/モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番/ゲナン:交響曲第4番(ル・コンセール・ドゥ・ラ・ロージュ/ショーヴァン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
AP157D
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
マリー=アレクサンドル・ゲナン Marie-Alexandre Guénin , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
ジュリアン・ショーヴァン Julien Chauvin , ジュスタン・テイラー Justin Taylor , ル・コンセール・ドゥ・ラ・ロージュ Concert de la Loge, Le

ハイドン:交響曲第83番「めんどり」/モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番/ゲナン:交響曲第4番(ル・コンセール・ドゥ・ラ・ロージュ/ショーヴァン)

HAYDN, J.: Symphony No. 83, "La poule" / GUÉNIN, M.-A.: Symphony No. 4 (Le Concert de la Loge, Chauvin)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/AP157D

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第83番 ト短調 「めんどり」 Hob.I:83

Symphony No. 83 in G Minor, Hob.I:83, "La poule" (The Hen)

録音: October 2016, l’Auditorium du Louvre, Paris, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5982497
**:**
»  I. Allegro spiritoso
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuet
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K. 453

Piano Concerto No. 17 in G Major, Op. 9, K. 453

録音: February 2017, Jean-Baptiste Lully de Puteaux, Puteaux, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5987442
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Allegretto
7.

-

マリー=アレクサンドル・ゲナン - Marie-Alexandre Guénin (1744-1835)

**:**
交響曲第4番 ニ短調 Op. 4

Symphony No. 4 in D Minor, Op. 4

録音: February 2017, Jean-Baptiste Lully de Puteaux, Puteaux, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5987443
**:**
»  I. Allegro di molto
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Allegro di molto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2018/06/16
初めて聞く団体「ル・コンセール・ドゥ・ラ・ロージュ」ですが、18世紀のパリに存在した演奏団体の名を借りたもので、指揮者のジュリアン・ショーヴァン氏が立ち上げた団体のようです。俗に言うピリオド奏法で、疾走するスタイルの演奏と先入感を持って聞いているといい意味で裏切られました。ハイドンはハイドンらしい緩急強弱のコントラストが明瞭でなかなかよいのですが想定の範囲内。しかし、次のモーツァルトが、すごくよい。ピアノフォルテでの演奏だと思いますが、序奏から通奏低音のように演奏に参加していき、現在のピアノに比べて表現力の弱いピアノフォルテを駆使して音を紡いでいく素晴らしさ。第2楽章のアンダンテでの繊細な演奏。一転第3楽章の祝祭的気分とも言うべきうきうきした感じで息もつかせぬ勢いで駆け抜けていく演奏は、モダンな演奏に比べるとフレッシュで楽しめました。このモーツァルトを聴くだけでも価値があると思います。早速プレイリストに入れました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。