ホーム > アルバム > AP191D ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」/ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲(ニジニ・ノヴゴロド・ソロイスツ室内管/エメリャニチェフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
AP191D
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
マクシム・エメリャニチェフ Maxim Emelyanychev , ニジニ・ノヴゴロド・ソロイスツ室内管弦楽団 Nizhny Novgorod Soloists Chamber Orchestra

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」/ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲(ニジニ・ノヴゴロド・ソロイスツ室内管/エメリャニチェフ)

BEETHOVEN, L. van: Symphony No. 3, "Eroica" / BRAHMS, J.: Haydn Variations (Nizhny Novgorod Soloists Chamber Orchestra, Emelyanychev)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/AP191D

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55

Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55, "Eroica"

録音: 20-23 September 2017, Manor Rukavishnikov, Nizhny Novgorod, Russia
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6895668
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Marcia funebre: Adagio assai
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
4.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ハイドンの主題による変奏曲 Op. 56a

Variations on a Theme by Haydn, Op. 56a, "St. Anthony Variations"

録音: 20-23 September 2017, Manor Rukavishnikov, Nizhny Novgorod, Russia
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6895669
**:**
»  Theme: Chorale St. Antoni: Andante
5.

-

**:**
»  Variation 1: Andante con moto
6.

-

**:**
»  Variation 2: Vivace
7.

-

**:**
»  Variation 3: Con moto
8.

-

**:**
»  Variation 4: Andante
9.

-

**:**
»  Variation 5: Poco presto
10.

-

**:**
»  Variation 6: Vivace
11.

-

**:**
»  Variation 7: Grazioso
12.

-

**:**
»  Variation 8: Poco presto
13.

-

**:**
»  Finale: Andante
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: zakkyo2000 投稿日:2018/11/06
何と注目のCDが発売に半月先駆けての配信! 「英雄」はもう最初の2音を聴いただけで、これはとんでもなくいい演奏だと実感した。室内オケでピリオド奏法を意識した演奏で、テンポは早目とはいえノリントンやガーディナーほどの超快速ではない(3楽章を除く)。特殊奏法、特定の楽器の強調、テンポの微妙な変化などいろいろ手の込んだことをやっているが、どれもさりげなくやっていて押し付けがましさがない。弦楽器の配置はヴァイオリンは対抗配置だが低弦は上手側という、昨今流行の配置を採用している。オーケストラは初耳だが、技術は申し分なく、一人ひとりが自発的に演奏している様が見えてくるようである。英雄はもう何十種類の演奏を聴き、もうあらゆるものが出尽くしたと思っていたが、まだこんな演奏が出てくるかと心底驚いた。ブラームスもいい演奏だが、交響曲でぜひ聴いてみたい(来日公演は見落とした、残念)。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。