ホーム > アルバム > Audite95.465 マーラー:交響曲第5番(バイエルン放送響/クーベリック)(1981)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Audite95.465
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ラファエル・クーベリック Rafael Kubelík , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

マーラー:交響曲第5番(バイエルン放送響/クーベリック)(1981)

MAHLER, G.: Symphony No. 5 (Bavarian Radio Symphony, Kubelik)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/Audite95.465

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第5番 嬰ハ短調

Symphony No. 5 in C-Sharp Minor

録音: 12 June 1981, Herkules-Saal in der Residenz, Munchen
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/423954
**:**
»  I. Trauermarsch
1.

-

**:**
»  II. Sturmisch bewegt, mit grosster Vehemenz
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Adagietto
4.

-

**:**
»  V. Rondo - Finale: Allegro - Allegro giocoso
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2010/05/26
寡黙な男がますます黙りこくってました。この曲の本番直前。問題となるのは5楽章の冒頭のホルンのソロ。美の深淵のようなadagiettoも彼にとっては神の審判を待つ気分の曲だったでしょうね。そして5楽章。いつもより少し長い間合いの後、出てきた音はメンバー全員へ喜びの音楽をもたらしてくれました。この曲を聴くといつも気になってしまう5楽章の頭です。このホルンはなんと軽やかで天に昇っていく音なんでしょうね。東欧らしい、適度にビブラートのきいたなめらかな音ですね。巨匠クーベリックの名演奏の企画なのにホルンばかり気になってしまいました

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。