ホーム > アルバム > Audite95.466 モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番, 第27番(カーゾン/バイエルン放送響/クーベリック)(1970, 1975)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Audite95.466
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
クリフォード・カーゾン Clifford Curzon , ラファエル・クーベリック Rafael Kubelík , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番, 第27番(カーゾン/バイエルン放送響/クーベリック)(1970, 1975)

MOZART, W.A.: Piano Concertos Nos. 23 and 27 (Curzon, Bavarian Radio Symphony, Curzon) (1970, 1975)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/Audite95.466

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K. 488

Piano Concerto No. 23 in A Major, K. 488

録音: 21 June 1975, Kaiser-Saal der Residenz Wurzburg
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/429873
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro assai
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K. 595

Piano Concerto No. 27 in B-Flat Major, Op. 17, K. 595

録音: 15 January 1970, Herkules-Saal der Residenz Munchen
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/429874
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Larghetto
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2011/03/26
若々しい明るさにあふれた(とはいえ第2楽章は憂いを伴う短調の曲で、それも魅力ですが)23番と、何か突き抜けたようなシンプルで静謐な高貴な美質に満ちた27番、いずれも素晴らしい傑作です。クーベリック指揮のバイエルン放送交響楽団はここではいつもの落ち着いた手堅さに加え、音が前にぐっと迫りリズム感と切れ味も豊かな積極的な音楽づくりで魅了します。カーゾンは魅力的なバックに支えられながら、その凝縮されつくしたような硬質な音を駆使して、なお自在でニュアンス豊かな表現を展開しています。特に27番はピアノ、オーケストラ共に出色の出来だと思いました。
レビュアー: fukurou 投稿日:2014/08/22
モーツァルト死の年に書かれた27番は、余り派手な処が無いので、ピアニストとしては、弾きづらいと聞いた事があります。中々どうして、アナログ時代、古の名匠の演奏は、23番共々、素晴らしい作品の演奏を残してくれました。高貴で慈悲深く、人間味に溢れ、涙そのものの様に感じる処もある。ホント、"豊かな"音楽。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。