ホーム > アルバム > Audite95.491 マーラー:大地の歌(バイエルン放送響/クーベリック)(1970)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Audite95.491
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ハンス・ベートゲ Hans Bethge
アーティスト
ラファエル・クーベリック Rafael Kubelík , ワルデマール・クメント Waldemar Kmentt , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , ジャネット・ベイカー Janet Baker

マーラー:大地の歌(バイエルン放送響/クーベリック)(1970)

MAHLER, G.: Lied von der Erde (Das) (Kubelik) (1970)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/Audite95.491

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
大地の歌

Das Lied von der Erde (Song of the Earth)

録音: 27 February 1970, Bavarian Broadcasting Company Herkulessaal der Residenz in Munchen
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/425389
**:**
»  I. Das Trinklied vom Jammer der Erde (The Drinking Song of Earth's Misery)
1.

-

**:**
»  II. Der Einsame im Herbst (The Lonely One in Autumn)
2.

-

**:**
»  III. Von der Jugend (Of Youth)
3.

-

**:**
»  IV. Von der Schonheit (Of Beauty)
4.

-

**:**
»  V. Der Trunkene im Frühling (The Drunkard in Spring)
5.

-

**:**
»  VI. Der Abschied (The Farewell)
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2013/05/15
ふたりの歌手の風格に満ちた絶唱、指揮者の抑制的ながら絶妙なバランス感覚と統合力、オーケストラの丁寧で落ち着いた響き、立体的な奥行きと深みのある表情が見事な結実を見せています。このすぐれた作品の美しさと悲しみの情が、堂々たる歌唱とさりげない管弦楽の表現の中にじっくり表出され、終盤にかけて澄み切った染み入るような美しさに至ります。ほとんど古典的ともいうべき名演奏だと思いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。