ホーム > アルバム > BIS-CD-1400 ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第7番 - 第9番(サンパウロ響/ミンチュク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-CD-1400
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エイトル・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos
アーティスト
サンパウロ交響楽団 São Paulo Symphony Orchestra , サンパウロ交響合唱団 Sao Paulo Symphony Chorus , ロベルト・ミンチェク Roberto Minczuk

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第7番 - 第9番(サンパウロ響/ミンチュク)

VILLA-LOBOS: Bachianas brasileiras Nos. 7-9

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-1400

全トラック選択/解除

エイトル・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
ブラジル風バッハ第7番

Bachianas brasileiras No. 7

録音: February 2003, Sala Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/145956
**:**
»  I. Preludio: Ponteio
1.

-

**:**
»  II. Giga: Quadrilha Caipira (Country Quadrille)
2.

-

**:**
»  III. Toccata: Desafio (Joust)
3.

-

**:**
»  IV. Fuga: Conversa (Conversation)
4.

-

 
**:**
ブラジル風バッハ第9番(弦楽オーケストラ版)

Bachianas brasileiras No. 9 (version for string orchestra)

録音: December 2003, Sala Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/145958
**:**
»  I. Prelude: Vagaroso e mistico
5.

-

**:**
»  II. Fugue: Poco apressado
6.

-

 
**:**
ブラジル風バッハ第9番(無伴奏合唱版)

Bachianas brasileiras No. 9 (version for unaccompanied choir)

録音: December 2003, Sala Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/145960
**:**
»  I. Prelude: Vagaroso e mistico
7.

-

**:**
»  II. Fugue: Poco apressado
8.

-

 
**:**
ブラジル風バッハ第8番

Bachianas brasileiras No. 8

録音: February 2003, Sala Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/145957
**:**
»  I. Preludio
9.

-

**:**
»  II. Aria: Modinha
10.

-

**:**
»  III. Toccata: Catira batida
11.

-

**:**
»  IV. Fuga
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2011/02/28
序曲、ジーグ、トッカータ、フーガ、という7番、序曲、アリア、トッカータ、フーガという8番、プレリュードとフーガという9番は、「ブラジル風バッハ」中でももっとも「なるほどバッハ的かも」と思わせる3曲でしょう。いずれもブラジルとバッハの不思議な化学反応が生み出すわくわくするような楽しい作品ばかりで、あまり聴かれない作品でしょうが、これを知らないのは本当にもったいない。すっきり颯爽と、しかしいざクライマックスでは伸びやかで生き生きとした演奏が花開くこのブラジル地元産の演奏は素敵の一言。変な暑苦しさがなく、しかし音楽が自然に躍動し、香る。この名作のすばらしい演奏だと思います。9番が弦楽合奏版と無伴奏合唱版の両方で聴けますが、どちらも幽玄で神秘的、そしてやがて乱舞興奮の世界に誘うすばらしい演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。