ホーム > アルバム > BIS-CD-900 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番, 第3番 (小川典子/ヒューズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-CD-900
CD発売時期
1997年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
小川典子 Noriko Ogawa , オウェイン・アーウェル・ヒューズ Owain Arwel Hughes , マルメ交響楽団 Malmö Symphony Orchestra

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番, 第3番 (小川典子/ヒューズ)

RACHMANINOV: Piano Concertos Nos. 2 and 3

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-900

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18

Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18

録音: May 1997, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/82340
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op. 30

Piano Concerto No. 3 in D Minor, Op. 30

録音: May 1997, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/82341
**:**
»  I. Allegro ma non tanto
4.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Adagio
5.

-

**:**
»  III. Finale: Alla breve
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2011/11/28
克明で集中力が高く堂々たるピアノ、どっしりしたオーケストラ、上品で明瞭な録音が合わさり、苦みの効いた「おとなの」ラフマニノフといった風情で素晴らしいと思います。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2014/01/04
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番には、第1楽章のカデンツァに2種類あるということを先日教えてもらったのだが、確かに意識して聞いてみると2種類あるとわかる。小川典子さんの第3番も大きい方Ossiaというカデンツァだ。こっちの方が技巧的に難しいと言うらしいが、聞いてみると、多少長く派手なだけで、ラフマニノフ本人がピアノを弾いて録音している1940年の演奏では短い方を選んでいる。小川さんの演奏は、女性らしい繊細かつ優美な音ですばらしい。もちろんOssiaも楽々弾きこなす。録音がBISレーベルで会場の空気感の情報を感じさせつつも、音像の定位はしっかりした名録音ですばらしい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。