ホーム > アルバム > BSSG-A909 J.S. バッハ:カンタータ集 1 - - BWV 81, 129, 182 (バッハ財団合唱団&管弦楽団/ルッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BSSG-A909
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
ヨハネス・オレアリウス Johannes Olearius , 旧約聖書 Bible - Old Testament , パウル・シュトックマン Paul Stockmann , 新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , サロモ・フランク Salomo Franck , ヨハン・フランク Johann Franck
アーティスト
クラウデ・アイヒェンベルガー Claude Eichenberger , バッハ財団合唱団 J.S. Bach Foundation Choir , バッハ財団管弦楽団 J.S. Bach Foundation Orchestra , ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ Wolf Matthias Friedrich , クラウス・ヘーガー Klaus Häger , ベルンハルト・ベルヒトルト Bernhard Berchtold , ウルリケ・ホーフバウアー Ulrike Hofbauer , ロスヴィータ・ミュラー Roswitha Muller , ラファエル・ユート Raphael Jud , ルドルフ・ルッツ Rudolf Lutz

J.S. バッハ:カンタータ集 1 - - BWV 81, 129, 182 (バッハ財団合唱団&管弦楽団/ルッツ)

BACH, J.S.: Cantatas, Vol. 1 - BWV 81, 129, 182 (J.S. Bach Foundation Choir and Orchestra, Lutz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/BSSG-A909

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
天の王よ、よくぞ来ませり BWV 182

Himmelskonig, sei willkommen, BWV 182

録音: 30 March 2007, Evangelical church Trogen, Switzerland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3874687
**:**
»  Sonata
1.

-

**:**
»  Himmelskonig, sei willkommen (Chorus)
2.

-

**:**
»  Recitative: Siehe, ich komme (Bass)
3.

-

**:**
»  Aria: Starkes Lieben (Bass)
4.

-

**:**
»  Aria: Leget euch dem Heiland unter (Alto)
5.

-

**:**
»  Aria: Jesu, lass durch Wohl und Weh (Tenor)
6.

-

**:**
»  Chorale: Jesu, deine Passion (Chorus)
7.

-

**:**
»  So lasset uns gehen in Salem der Freuden (Chorus)
8.

-

 
**:**
イエス眠りたまえば、われ何に頼るべきや BWV 81

Jesus schlaft, was soll ich hoffen, BWV 81

録音: 18 January 2008, Evangelical church Trogen, Switzerland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3874688
**:**
»  Aria: Jesus schlaft, was soll ich hoffen? (Alto)
9.

-

**:**
»  Recitative: Herr! warum trittest du so ferne? (Tenor)
10.

-

**:**
»  Aria: Die schaumenden Wellen von Belials Bachen (Tenor)
11.

-

**:**
»  Arioso: Ihr Kleinglaubigen, warum seid ihr so furchtsam? (Bass)
12.

-

**:**
»  Aria: Schweig, aufgeturmtes Meer! (Bass)
13.

-

**:**
»  Recitative: Wohl mir, mein Jesus spricht ein Wort (Alto)
14.

-

**:**
»  Chorale: Unter deinen Schirmen (Chorus)
15.

-

 
**:**
わが神なる主はたたえられん BWV 129

Gelobet sei der Herr, mein Gott, BWV 129

録音: 16 May 2008, Evangelical church Trogen, Switzerland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3874689
**:**
»  Gelobet sei der Herr (Chorus)
16.

-

**:**
»  Aria: Gelobet sei der Herr, mein Gott, mein Heil (Bass)
17.

-

**:**
»  Aria: Gelobet sei der Herr, mein Gott, mein Trost (Soprano)
18.

-

**:**
»  Aria: Gelobet sei der Herr, mein Gott, der ewig lebet (Alto)
19.

-

**:**
»  Chorale: Dem wir das Heilig itzt (Chorus)
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: source 投稿日:2014/11/08
実に美しい演奏。宗教曲がイメージとして持っている「いかめしさ」や「おごそかさ」をまるで感じさせない、日々の生活の中に溶けこんだ生き生きとした音楽となっている。カンタータ演奏の歴史についてはまったく知識がないが、現代的なバッハというよりも、十八世紀のドイツで民衆たちが聞いても違和感がないような雰囲気がある。『マタイ』を聞くのが楽しみだ。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/05/23
第182番は「枝の主日」または「受胎告知」の祭日用のカンタータ。人々が棕櫚の枝を手に持ってイエスを歓迎したといわれる喜びの日を描いた力強い作品です。第81番は「公現後第4主日」用のカンタータ。船の上で眠るイエスの姿と、荒れ狂う波におののく弟子たちを描いた劇的な音楽です。第129番は「三位一体の祝日」用。「父なる神」「子なるキリスト」「聖霊」は3つでありながら一つであるという教義に基づいた荘厳で美しい音楽です。3つのアリアを合唱ではさむという独特の形式で書かれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。