ホーム > アルバム > C100841B ベートーヴェン:交響曲第4番(バイエルン国立管/C. クライバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C100841B
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
カルロス・クライバー Carlos Kleiber , バイエルン国立管弦楽団 Bavarian State Orchestra

ベートーヴェン:交響曲第4番(バイエルン国立管/C. クライバー)

BEETHOVEN, L. van: Symphony No. 4 (Bavarian State Orchestra, C. Kleiber)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/C100841B

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

42:37
交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60

Symphony No. 4 in B-Flat Major, Op. 60

録音: 3 May 1982, Live Recording, National Theater, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4544336
19:32
»  I. Adagio - Allegro vivace
1.

-

09:29
»  II. Adagio
2.

-

05:30
»  III. Menuetto: Allegro vivace
3.

-

05:02
»  IV. Allegro ma non troppo
4.

-

03:04
»  Applause
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: さすらい人 投稿日:2016/02/05
「ここでカルロス火を噴いた!」と言うキャッチコピーと共に同時代を生きた者として忘れがたい1枚。第1楽章の鞭がぶんぶんしなるような弦の響きから、フィナーレの鳥肌が立つような疾走感まで、すべてが新鮮でした。その後、ベートーヴェンの解釈ががらっと変わって、緊迫感溢れる演奏が増えましたが、この当時は、べームが死んで「ああ、時代が変わったんだ」と強く感じさせるものがありました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。