ホーム > アルバム > C271921B ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番/ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(アンダ/バイエルン放送響/クーベリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C271921B
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
ゲザ・アンダ Geza Anda , ラファエル・クーベリック Rafael Kubelík , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番/ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(アンダ/バイエルン放送響/クーベリック)

BEETHOVEN, L. van: Piano Concerto No. 1 / BRAHMS, J.: Piano Concerto No. 2 (Anda, Bavarian Radio Symphony, R. Kubelík)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/C271921B

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op. 15

Piano Concerto No. 1 in C Major, Op. 15

録音: 9 October 1962, Herkulessaal der Munchner Residenz, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4561658
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro scherzando
3.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 83

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 83

録音: 9 October 1962, Herkulessaal der Munchner Residenz, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4561659
**:**
»  I. Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  II. Allegro appassionato
5.

-

**:**
»  III. Andante
6.

-

**:**
»  IV. Allegretto grazioso
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kunkun 投稿日:2016/02/10
ケザ・アンダのブラームスを聴いて、天才とは何なのか、考えさせられました。指がよく回るピアニスト、音が美しいピアニスト、フレージングが絶妙なピアニスト。それぞれすぐに思いつく人はいると思いますが、アンダは全てに当てはまると言えるし、また単にそれだけでもない。 このCDについては、そういう美質めいたものを超えた、聞いていて夢中になれる、何よりも、アンダ自身が夢中になって弾いているように思えます。泰然自若としたイメージがあるクーベリックも、一緒になって燃え上がっています。 同じハンガリーのフリッチャイにも通じるもので、二人とも若くして亡くなった、その理由がわかるような気がします。こんな演奏ばかりしていたら身が持ちません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。