ホーム > アルバム > C852121A ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」(バーミンガム市響/ネルソンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C852121A
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
アーティスト
アンドリス・ネルソンス Andris Nelsons , バーミンガム市交響楽団 City of Birmingham Symphony Orchestra

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」(バーミンガム市響/ネルソンス)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphony No. 7, "Leningrad" (City of Birmingham Symphony, A. Nelsons)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/C852121A

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第7番 ハ長調 「レニングラード」 Op. 60

Symphony No. 7 in C Major, Op. 60, "Leningrad"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4487845
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Moderato (poco allegretto)
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro non troppo
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2017/11/03
ラトビアの指揮者アンドリス・ネルソンスが、2014年から音楽監督を務めるボストン交響楽団を率いて来日します。11月3日より名古屋、大阪、川崎、東京で公演を行います。メインプログラムにはマーラーの「巨人」、ラフマニノフの交響曲第2番、ショスタコーヴィチの交響曲第11番と大曲が揃っており、どの公演も目が離せません。 ご紹介のアルバムは、2004年から音楽監督を務めていたバーミンガム市交響楽団とのショスタコーヴィチの「レニングラード」(2011年録音)です。早めのテンポで疾走感のある第1楽章、甘美なカンタービレと激情にあふれた第3楽章など、コントラストが非常に表情豊かで、70分があっという間です。 ボストン交響楽団は、現職音楽監督との来日公演が小澤征爾氏以来18年振りということもあり、今回の来日ではマスタークラス、無料公開リハーサルなどのプログラムも組まれており、期待が高まります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。