ホーム > アルバム > CC72514 ベルリオーズ:ファウストの劫罰(オランダ放送フィル/ハイティンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CC72514
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
アルミール・ガンドニエール Almire Gandonniere , ジェラール・ド・ネルヴァル Gerard de Nerval , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
オランダ放送合唱団 Netherlands Radio Choir , オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団 Netherlands Radio Philharmonic Orchestra , トーマス・クヴァストホフ Thomas Quasthoff , ヴィンソン・コール Vinson Cole , ベルナルド・ハイティンク Bernard Haitink , ヤコ・ハイペン Jaco Huijpen , シャルロット・マルジョーノ Charlotte Margiono

ベルリオーズ:ファウストの劫罰(オランダ放送フィル/ハイティンク)

BERLIOZ, H.: Damnation de Faust (La) (Haitink)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/CC72514

全トラック選択/解除

Disc 1

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
ファウストの劫罰 Op. 24

La damnation de Faust, Op. 24

録音: 29-30 June 1999, Grote Zaal van Het Concertgebouw, Van Baerlestraat, Amsterdam
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2566220
**:**
»  Part I Scene 1: Le vieil hiver a fait place (Faust)
1.

-

**:**
»  Part I Scene 2: Les bergers laissent leur troupeaux, "Peasants' Dance" (Chorus, Faust)
2.

-

**:**
»  Part I Scene 3: Hungarian March, "Rákóczy March"
3.

-

**:**
»  Part II Scene 4: Sans regrets j'ai quitte les riantes campagnes (Faust)
4.

-

**:**
»  Part II Scene 4: Easter Hymn: Christ vient de ressusciter! (Chorus, Faust)
5.

-

**:**
»  Part II Scene 5: O pure emotion! (Mephistopheles, Faust)
6.

-

**:**
»  Part II Scene 6: A boire encor! (Chorus, Mephistopheles)
7.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Certain rat, dans une cuisine, "Brander's Song" (Brander, Chorus)
8.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Vrai dieu! Messieurs (Mephistopheles, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Une puce gentille, "Mephistopheles Song" (Mephistopheles, Chorus, Faust)
10.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Voici des roses (Mephistopheles)
11.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Dors! Dors! Heureux Faust!, "Faust's Dream" (Chorus of Gnomes and Sylphs, Mephistopheles, Faust)
12.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Dance of the Sylphs
13.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Margarita! Qu'ai-je vu? (Faust, Mephistopheles)
14.

-

**:**
»  Part II Scene 8: Finale: Villes entourees (Mephistopheles, Chorus of Soldiers and Students)
15.

-

Disc 2

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
ファウストの劫罰 Op. 24

La damnation de Faust, Op. 24

録音: 29-30 June 1999, Grote Zaal van Het Concertgebouw, Van Baerlestraat, Amsterdam
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2566220
**:**
»  Part III Scene 9: Drums and Trumpets Play the Retreat
1.

-

**:**
»  Part III Scene 9: Merci, doux crepuscule!, "Faust's Aria" (Faust)
2.

-

**:**
»  Part III Scene 10: Je l'entends! (Mephistopheles, Faust)
3.

-

**:**
»  Part III Scene 11: Que l'air est etouffant! (Marguerite)
4.

-

**:**
»  Part III Scene 11: Autrefois un roi de Thule, "The King of Thule" (Marguerite)
5.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Evocation: Esprits des flammes inconstantes (Mephistopheles)
6.

-

**:**
»  Part III: Scene 12: Minuet of the Wills-o'-the-Wisp
7.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Devant la maison, "Serenade of Mephistopheles", (Mephistopheles, Chorus of Wills-o'-the-Wisp)
8.

-

**:**
»  Part III Scene 13: Duet: Grand Dieu! Que vois-je! (Marguerite, Faust, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part III Scene 14: Trio and Chorus: Allons! Il est trop tard! (Mephistopheles, Marguerite, Faust)
10.

-

**:**
»  Part IV Scene 15: Romance: D'amour l'ardente flamme (Marguerite, Chorus)
11.

-

**:**
»  Part IV Scene 16: Nature immense, impenetrable, "Invocation to Nature" (Faust)
12.

-

**:**
»  Part IV Scene 17: Recitative and Chase: A la voute azuree (Mephistopheles, Faust)
13.

-

**:**
»  Part IV Scene 18: Dans mon coeur retentit sa voix, "The Ride to the Abyss" (Faust, Mephistopheles, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part IV Scene 19: Pandemonium: Irimiru Karabrao! (Chorus of the Damned and the Demons)
15.

-

**:**
»  Part IV Scene 19: Alors, l'Enfer se tut, "Epilogue on Earth" (Chorus)
16.

-

**:**
»  Part IV: Scene 20: Laus! Laus! Hosanna! (Chorus)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: f r o g 投稿日:2014/08/26
ハイティンクさん、'99年の、コンセルトヘボウの前に首席指揮者をしていたオランダ放送フィルお里帰りライヴ。堅実、確実に、しっかりと聴かせてくれます。イカレタ感、悪魔に魂を売ってしまう感は、少ないですが、ハンガリー・マーチなど、見事、拍手喝采。オペラでも、見事な実績と、広いレパートリーを持ち、若い頃は様々言われたけれど、地道に信ずる音楽を奏でさせ、長生きし、今、最高峰の巨匠。個人的には、ドレスデンで渋い、重い演奏続けて欲しかったけれど、アメリカ、シカゴへと行ってしまい、その後、世界中から、演奏依頼、CD制作続々。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。