ホーム > アルバム > CDR90000-170 ブラームス:ピアノ五重奏曲/シューマン:弦楽四重奏曲第1番(パシフィカ弦楽四重奏団/プレスラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-170
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
パシフィカ弦楽四重奏団 Pacifica Quartet , メナヘム・プレスラー Menahem Pressler

ブラームス:ピアノ五重奏曲/シューマン:弦楽四重奏曲第1番(パシフィカ弦楽四重奏団/プレスラー)

BRAHMS, J.: Piano Quintet / SCHUMANN, R.: String Quartet No. 1 (Pacifica Quartet, Pressler)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/CDR90000-170

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op. 34

Piano Quintet in F Minor, Op. 34

録音: 19-21 November 2014, Auer Hall, Indiana University, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5464539
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Andante un poco adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Poco sostenuto - Allegro non troppo
4.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 イ短調 Op. 41, No. 1

String Quartet No. 1 in A Minor, Op. 41, No. 1

録音: 2-3 May 2016, Auer Hall, Indiana University, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5464540
**:**
»  I. Introduction: Andante espressivo - Allegro
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Presto - Intermezzo
6.

-

**:**
»  III. Adagio
7.

-

**:**
»  IV. Presto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/01/01
2009年「エリオット・カーター:弦楽四重奏曲集」でグラミー賞“ Best Chamber Music Performance賞”を獲得したパシフィカ弦楽四重奏団によるブラームスとシューマンの2曲の室内楽曲集。前述のカーターや、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全集(BOX‐1003)など、近現代のレパートリーが注目されがちなアンサンブルですが、以前リリースされたメンデルスゾーンでの求心力の高い演奏は、他のアンサンブルの演奏を圧する完成度の高さを誇っており、他のロマン派作品の録音も長らく期待されていました。今回、ブラームスで共演したのは、長い経歴を持つベテランピアニスト、メナヘム・プレスラー。ボザール・トリオの創立メンバーとしても知られ、室内楽作品にも慧眼を持つ人ですが、意外なことにこの曲を録音するのは初めて。何とも素晴らしい世代を超えた共演となりました。シューマンの弦楽四重奏曲も、パシフィカ弦楽四重奏団にとって初の録音であり、全てを通じて瑞々しい雰囲気が漂っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。