ホーム > アルバム > CSOR9011006 ヴェルディ:レクイエム(フリットリ/ボロディーナ/ゼッフィーリ/アブドラザコフ/シカゴ交響合唱団/交響楽団/ムーティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CSOR9011006
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
イルダル・アブドラザコフ Ildar Abdrazakov , シカゴ交響楽団 Chicago Symphony Orchestra , シカゴ交響合唱団 Chicago Symphony Chorus , マリオ・ゼッフィーリ Mario Zeffiri , バルバラ・フリットリ Barbara Frittoli , オリガ・ボロディナ Olga Borodina , リッカルド・ムーティ Riccardo Muti

ヴェルディ:レクイエム(フリットリ/ボロディーナ/ゼッフィーリ/アブドラザコフ/シカゴ交響合唱団/交響楽団/ムーティ)

VERDI, G.: Messa da Requiem (Frittoli, Borodina, Zeffiri, Abdrazakov, Chicago Symphony Chorus and Orchestra, Muti)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/CSOR9011006

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/685406
**:**
»  Requiem: Requiem aeternam
1.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa
2.

-

**:**
»  Dies irae: Tuba mirum
3.

-

**:**
»  Dies irae: Mors stupebit
4.

-

**:**
»  Dies irae: Liber scriptus
5.

-

**:**
»  Dies irae: Quid sum miser
6.

-

**:**
»  Dies irae: Rex tremendae
7.

-

**:**
»  Dies irae: Recordare
8.

-

**:**
»  Dies irae: Ingemisco
9.

-

**:**
»  Dies irae: Confutatis
10.

-

**:**
»  Dies irae: Lacrymosa
11.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/685406
**:**
»  Offertorio
1.

-

**:**
»  Sanctus
2.

-

**:**
»  Agnus Dei
3.

-

**:**
»  Lux aeterna
4.

-

**:**
»  Libera me
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/01/30
NMLで巨匠ムーティを聴ける貴重なアルバムです。2010年音楽監督に就任したシカゴ交響楽団との2009年1月ライブ。しかも、レパートリーの中核といえるヴェルディの『レクイエム』。ここまで揃えば文句なしですが、演奏内容も極め付きの出来。この名曲を過去何度もさまざまなオーケストラとレコーディングを重ねてきたムーティですが、ダイナミックレンジを鮮明に拾った優秀録音も冴えに冴え、最高の感動を味わうことができました。ドラマチックな表現にあふれた楽曲ではありますが、人間の生と死に思いを馳せ、敢えて音量を縛り気味にして心静かに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
レビュアー: f r o g 投稿日:2011/02/16
あのムーティがシカゴ響とタッグを組んで、いきなりヴェルディの 「レクイエム」 なんて、反則です。強力過ぎます。グラミー賞受賞も仕方ありません。演奏を聴けば、納得です。ギヴアップ。見事に必殺技を、完璧に決めて快勝。今後も、怖いものなし、圧勝の連続でしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。