ホーム > アルバム > CSOR901902 マーラー:交響曲第1番「巨人」(シカゴ響/ハイティンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CSOR901902
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
シカゴ交響楽団 Chicago Symphony Orchestra , ベルナルド・ハイティンク Bernard Haitink

マーラー:交響曲第1番「巨人」(シカゴ響/ハイティンク)

MAHLER, G.: Symphony No. 1 (Chicago Symphony, Haitink)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/CSOR901902

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/372815
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: frog 投稿日:2010/01/12
ボヘミアンで、ユダヤ人でもあった、根無し草、マーラー28歳のビルディングス・ロマン。青春、の第1交響曲。爽やかににして、迫力満点の1楽章、民謡のパクリ2楽章、死は生のすぐ近くにある3楽章、総決算は、何故か制止して終る、恋と闘いの4楽章。このコーダ、私は大好きだ。充分巨大、だけれど、マーラーは、この後、もっと求めて巨大、複雑に、心はどこにある状態と化し、やがて、諦観へと至る。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。