ホーム > アルバム > DSL-92166 アメリカン・アンセム - ミュージック・オブ・サミュエル・バーバー・アンド・ハワード・ハンソン

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
DSL-92166
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ランドール・トンプソン Randall Thompson , サミュエル・バーバー Samuel Barber , ハワード・ハンソン Howard Hanson
作詞家
マシュー・アーノルド Matthew Arnold
編曲者
ジャネット・イン Janet Ying , デイヴィッド・イン David Ying , フィリップ・イン Phillip Ying , 二宮綾野 Ayano Ninomiya
アーティスト
イン四重奏団 Ying Quartet , ランドール・スカルラータ Randall Scarlata , アダム・ニーマン Adam Neiman

アメリカン・アンセム - ミュージック・オブ・サミュエル・バーバー・アンド・ハワード・ハンソン

AMERICAN ANTHEM - The Music of Samuel Barber and Howard Hanson

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/DSL-92166

全トラック選択/解除

サミュエル・バーバー - Samuel Barber (1910-1981)

**:**
弦楽四重奏曲 Op. 11

String Quartet, Op. 11

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2744508
**:**
»  I. Molto allegro e appassionato
1.

-

**:**
»  II. Molto adagio
2.

-

**:**
»  III. Molto allegro
3.

-

**:**
»  IV. Andante mosso, un poco agitato - allegro molto, alla breve
4.

-

 
**:**
セレナード Op. 1 (弦楽四重奏版)

Serenade, Op. 1 (version for string quartet)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3965215
**:**
»  I. Un poco adagio
5.

-

**:**
»  II. Andante con moto
6.

-

**:**
»  III. Dance
7.

-

 
**:**
ドーヴァー・ビーチ Op. 3
8.

Dover Beach, Op. 3

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3965216

ハワード・ハンソン - Howard Hanson (1896-1981)

**:**
弦楽四重奏曲 Op. 23
9.

String Quartet, Op. 23

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3965217
 
**:**
室内協奏曲 Op. 7
10.

Concerto da camera, Op. 7

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3965218

ランドール・トンプソン - Randall Thompson (1899-1984)

**:**
アレルヤ(編曲:二宮綾野、D. イン、J. イン、P. イン)
11.

Alleluia (arr. A. Ninomiya, D. Ying, J. Ying and P. Ying)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3965219
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/04/01
アメリカの精神を象徴するかのようなバーバーとハンソンの音楽集。バーバーは「アメリカの音楽」を書くことを目指していたわけではないのですが、結果的にその作品は「アメリカ」そのものの象徴として認識されています。なかでもあの有名な"弦楽のためのアダージョ"は、あのJ.F.Kの葬儀で用いられてからというものは、機会音楽としての役割も持たされ、合唱曲にも編曲されるなど、まさに「第2のアメリカ国歌」として認識している人も多いでしょう。この作品、もともとはこのアルバムに収録されている「弦楽四重奏曲 第1番」の第2楽章であり、彼の初期の作品で1935年にイタリアに留学している際に書かれたものだということは、あまり知られていないかもしれません。一方、ハンソンは好んで北欧文化を題材とした作品を書き「アメリカのシベリウス」の異名をとる人。指揮者としても素晴らしい才能を持ち、彼が設立した「イーストマン=ロチェスター交響楽団」は500名以上のアメリカ人作曲家の2000曲以上の作品を初演したことで評価を受けています。仮に、自身の作品がアメリカ的でないにせよ、この功績は讃えられることでしょう。ここでは彼の弦楽四重奏曲を収録。バーバーの作品と比較するのも一興です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。