ホーム > アルバム > ICAC5105 ハイドン:交響曲第83番/ベルリオーズ:幻想交響曲(南西ドイツ放送響/バルビローリ)(1969)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ICAC5105
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , ジョン・バルビローリ John Barbirolli

ハイドン:交響曲第83番/ベルリオーズ:幻想交響曲(南西ドイツ放送響/バルビローリ)(1969)

HAYDN, J.: Symphony No. 83 / BERLIOZ, H.: Symphonie fantastique (South West German Radio Symphony, Barbirolli) (1969)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/ICAC5105

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第83番 ト短調 「めんどり」 Hob.I:83

Symphony No. 83 in G Minor, Hob.I:83, "La poule" (The Hen)

録音: 24 February 1969, Hans-Rosbaud-Studio, SWF Baden-Baden, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3157432
**:**
»  I. Allegro spiritoso
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuet - Trio: Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
幻想交響曲 Op. 14

Symphonie fantastique, Op. 14

録音: 22-24 February 1969, Hans-Rosbaud-Studio, SWF Baden-Baden, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3157433
**:**
»  I. Reveries: Largo - Passions: Allegro agitato e appassionato assai
5.

-

**:**
»  II. Un Bal (Valse): Allegro non troppo
6.

-

**:**
»  III. Scene aux Champs: Adagio
7.

-

**:**
»  IV. Marche au Supplice: Allegretto non troppo
8.

-

**:**
»  V. Songe d'une Nuit du Sabbat: Larghetto - Allegro
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/07/01
ジョン・バルビローリ(1899-1970)は、現在では生粋のイギリス人指揮者と思われていますが、実はイタリア人の父とフランス人の母の間に生まれています。幼い頃から音楽の才能に秀でていて、1916年、17歳の時にはヘンリー・ウッド率いるクイーンズ・ホール管弦楽団で最年少チェリストとして活動を始めたほどでした。その後は協奏曲や弦楽四重奏などを演奏するも、1925年に自らの室内管弦楽団を組織して指揮者に転向、1936年にはニューヨーク・フィルハーモニックの首席指揮者に抜擢され(あのトスカニーニの後継者!)、1943年にはイギリスのハレ管の音楽監督になり、15年間に渡ってよい関係を築きました。1961年から1967年にはヒューストン交響楽団の常任指揮者を務め、ブラームス、マーラー、シベリウスなどのロマン派の作品を指揮、またイギリス音楽の積極的な普及にも貢献しました。そんな彼ですが、実はベルリオーズも得意なレパートリーで、幻想交響曲は1947年のモノラルと1958年の初期ステレオの2つのハレ管との録音が残されています。この69年の録音は完全なステレオであり、ハイドンとともに貴重な記録として称賛されるべきものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。