ホーム > アルバム > LPO-0012 マーラー:交響曲第1番「巨人」/さすらう若人の歌(ハンプソン/ロンドン・フィル/テンシュテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
LPO-0012
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
クラウス・テンシュテット Klaus Tennstedt , トーマス・ハンプソン Thomas Hampson , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

マーラー:交響曲第1番「巨人」/さすらう若人の歌(ハンプソン/ロンドン・フィル/テンシュテット)

MAHLER, G.: Symphony No. 1, "Titan" / Lieder eines fahrenden Gesellen (Hampson, London Philharmonic, Tennstedt)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/LPO-0012

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
さすらう若人の歌

Lieder eines fahrenden Gesellen (Song of a Wayfarer)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/317852
**:**
»  No. 1. Wenn mein Schatz Hochzeit macht
1.

-

**:**
»  No. 2. Ging heut' morgen ubers Feld
2.

-

**:**
»  No. 3. Ich hab' ein gluhend Messer
3.

-

**:**
»  No. 4. Die zwei blauen Augen
4.

-

 
**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/317853
**:**
»  I. Langsam, schleppend
5.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
6.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
7.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2009/05/28
NMLに、遂にロンドン・フィルの自主レーベルが追加されました。このレーベルのクオリティの高さは言うまでもありませんが、中でもテンシュテットの録音には定評があります。ワーグナーの管弦楽作品集も素晴らしいのですが、やはり彼の十八番はマーラー。特にライブ録音で最高の力を発揮します。終楽章の金管の咆哮、ティンパニの爆発的な盛り上がりは、手に汗を握ります。1985年、ロンドンでのライブ録音。
レビュアー: sammy 投稿日:2014/05/20
翳りのある響きと豊かな表情付が魅力的な演奏と思います。「さすらう若人の歌」はトンプソンの豊かな歌にオーケストラがしっとりとつけて叙情豊かで、交響曲は特に終楽章の高揚感が、持ち味の濃いめの響きと合わさって独特の濃密な雰囲気と緊迫感を醸し出していると思いました。録音のバランスがもうひとつでクライマックスはややドタバタした印象を与えないでもありませんが、十分鑑賞に堪えると思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。