ホーム > アルバム > LSO0719 ブリテン:戦争レクイエム(ロンドン交響合唱団/ロンドン響/ノセダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
LSO0719
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
作詞家
ウィルフレッド・オーウェン Wilfred Owen , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
エルサム・カレッジ合唱団 Eltham College Choir , サイモン・キーンリサイド Simon Keenlyside , サビーナ・ツヴィラク Sabina Cvilak , ジャナンドレア・ノセダ Gianandrea Noseda , イアン・ボストリッジ Ian Bostridge , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra , ロンドン交響合唱団 London Symphony Chorus

ブリテン:戦争レクイエム(ロンドン交響合唱団/ロンドン響/ノセダ)

BRITTEN, B.: War Requiem (Noseda)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/LSO0719

全トラック選択/解除

Disc 1

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
戦争レクイエム Op. 66

War Requiem, Op. 66

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2118082
**:**
»  Requiem aeternam: Requiem aeternam (Chorus)
1.

-

**:**
»  Requiem aeternam: Te decent hymnus (Boys' Chorus, Chorus)
2.

-

**:**
»  Requiem aeternam: What passing-bells (Tenor)
3.

-

**:**
»  Requiem aeternam: Kyrie eleison (Chorus)
4.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa (Chorus)
5.

-

**:**
»  Dies irae: Bugles sang (Baritone)
6.

-

**:**
»  Dies irae: Liber scriptus proferetur (Soprano, Chorus)
7.

-

**:**
»  Dies irae: Out there (Tenor, Baritone)
8.

-

**:**
»  Dies irae: Recordare Jesu pie (Chorus)
9.

-

**:**
»  Dies irae: Confutatis maledictis (Chorus)
10.

-

**:**
»  Dies irae: Be slowly lifted up (Baritone)
11.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa (Soprano, Chorus)
12.

-

**:**
»  Dies irae: Move him into the sun (Tenor, Soprano, Chorus)
13.

-

**:**
»  Dies irae: Pie Jesu Domine (Chorus)
14.

-

**:**
»  Offertorium: Domine Jesu Christe (Boys' Chorus, Chorus)
15.

-

**:**
»  Offertorium: Sed signifer santus Michael (Chorus)
16.

-

**:**
»  Offertorium: So Abraham rose (Baritone, Tenor)
17.

-

**:**
»  Offertorium: Hostias et preces tibi (Tenor, Baritone, Boys' Chorus, Chorus)
18.

-

Disc 2

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
戦争レクイエム Op. 66

War Requiem, Op. 66

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2118082
**:**
»  Sanctus: Sanctus (Soprano, Chorus)
1.

-

**:**
»  Sanctus: After the blast (Baritone)
2.

-

**:**
»  Agnus Dei: One ever hangs where shelled roads part - Agnus Dei (Tenor, Chorus)
3.

-

**:**
»  Libera me: Libera me (Soprano, Chorus)
4.

-

**:**
»  Libera me: It seemed (Tenor)
5.

-

**:**
»  Libera me: None, said the other (Baritone)
6.

-

**:**
»  Libera me: Let us sleep now (Tenor, Baritone, Soprano, Boys' Chorus, Chorus)
7.

-

**:**
»  Libera me: Requiescant in pace (Chorus)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2015/08/15
先の大戦が終結してから70回目の8月15日にブリテンの「戦争レクイエム」を聴きました。全ての戦争による犠牲者を悼む鎮魂曲として、そして平和を祈る歌として、その意味を考えながら聴きました。第1次世界大戦に従軍し休戦の直前に25歳で戦死したウィルフレッド・オーウェンの詩が歌詞として使われていますが、特に、最後にテノールとバリトンが共に「さあ眠ろうじゃないか」と歌い、合唱が「安らかに眠れ。アーメン」と加わり、鐘の音に送られて全曲を締めくくる部分が、鎮魂の意味でとても印象的です。この演奏は、感情移入をするというよりは、客観的な視点から「戦争レクイエム」を見つめるような解釈です。録音も新しいので、音楽の繊細さや美しさを感じます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。