ホーム > アルバム > LSO0746 ブルックナー:交響曲第9番(ロンドン響/ハイティンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
LSO0746
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
ベルナルド・ハイティンク Bernard Haitink , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブルックナー:交響曲第9番(ロンドン響/ハイティンク)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 9 (London Symphony, Haitink)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/LSO0746

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第9番 ニ短調 WAB 109 (1894年初稿・ノヴァーク版)

Symphony No. 9 in D Minor, WAB 109 (original 1894 version, ed. L. Nowak)

録音: 17-21 February 2013, Barbican, London
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3410371
**:**
»  I. Feierlich, misterioso
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Bewegt, lebhaft
2.

-

**:**
»  III. Adagio: Langsam feierlich
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2014/02/24
ブルックナー最後の傑作に、老練なハイティンクの指揮の下、名門ロンドン響が全力で正面から立ち向かった正攻法の実に優れた演奏が、くっきりした録音でとらえられています。テンポは遅めですが演奏が丁寧なためであって淀むことはありません。うねりや翳りよりも透明感、空間性、構築性を強く感じさせる、骨太で引き締まった、密度がありつつまっすぐで晴朗な響きで一貫して堂々たる演奏が繰り広げられています。第三楽章終結の澄み切った美しさも素晴らしいです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。