ホーム > アルバム > MM2050 アヴェ・マリア~オーボエ作品集~池田昭子(オーボエ&コールアングレ)&石田三和子(ピアノ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
MM2050
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ウジェーヌ・イザイ Eugène Ysaÿe , ウラディミール・ヴァヴィロフ Vladimir Vavilov , カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , フランツ・シューベルト Franz Schubert , アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák , ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet , ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré , セザール・フランク César Franck , ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ Giovanni Battista Pergolesi , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
池田昭子 Shoko Ikeda , 石田三和子 Miwako Ishida

アヴェ・マリア~オーボエ作品集~池田昭子(オーボエ&コールアングレ)&石田三和子(ピアノ)

Oboe Recital: Ikeda, Shoko - DVORAK, A. / CACCINI, G. / FAURE, G. / PERGOLESI, G.B. / MOZART, W.A. / SCHUBERT, F. / SAINT-SAENS, C. (Ave Maria)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/MM2050

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
ジプシーの歌 Op. 55, B. 104 - 第4曲 我が母の教え給いし歌(オーボエとピアノ編)
1.

Zigeunermelodien (Gypsy Melodies), Op. 55, B. 104: No. 4. Als die alte Mutter (Songs My Mother Taught Me) (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/402168

ウラディミール・ヴァヴィロフ - Vladimir Vavilov (1925-1973)

**:**
アヴェ・マリア(伝G. カッチーニ)(イングリッシュ・ホルンとピアノ編)
2.

Ave Maria (attrib. to G. Caccini) (arr. for english horn and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811114

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
レクイエム Op. 48 - ピエ・イエズ(慈悲深き主イエスよ)(オーボエとピアノのための編)
3.

Requiem, Op. 48: Pie Jesu (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811115
 
**:**
Sicilienne, Op. 78 (arr. for oboe and piano)
4.
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811116

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ - Giovanni Battista Pergolesi (1710-1736)

**:**
シシリエンヌ(オーボエとピアノ編)
5.

Siciliano (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811117

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
アヴェ・ヴェルム・コルプス K. 618 (イングリッシュ・ホルンとピアノ編)
6.

Ave verum corpus, K. 618 (arr. for cor anglais and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811118

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
エレンの歌 I Op. 52 No.1/D. 837
7.

Ellens Gesang III (Ave Maria!) , Op. 52, No. 6, D. 839, "Hymne an die Jungfrau" (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811119

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
Ave Maria (arr. oboe and piano)
8.
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811120
 
**:**
動物の謝肉祭 - 白鳥(オーボエとピアノ編)
9.

Carnival of the Animals: XIII. Le Cygne (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811121

ジョルジュ・ビゼー - Georges Bizet (1838-1875)

**:**
歌劇「カルメン」 - 第2幕 花の歌 「お前が投げたこの花は」(オーボエとピアノ編)
10.

Carmen, Act II: La fleur que tu m'avais jetee, "Flower Song" (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811122

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
3声のミサ曲 Op. 12, M. 61 - 天使のパン(パニス・アンジェリクス)(オーボエとピアノ編)
11.

Messe a 3 voix (Mass in 3 voices), Op. 12, M. 61: Panis angelicus (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811123

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
14の歌 Op. 34 - 第14曲 ヴォカリーズ ホ短調(オーボエとピアノ編)
12.

14 Songs, Op. 34: No. 14. Vocalise in E Minor (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811124

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
3つの歌 Op. 7 - 第1曲 夢のあとに(コールアングレとピアノ編)
13.

3 Songs, Op. 7: No. 1. Apres un reve (arr. for cor anglais and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811125

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
6つのリート Op. 34 - 第2曲 歌の翼に(オーボエとピアノ編)
14.

6 Gesange, Op. 34: No. 2. Auf Flugeln des Gesanges (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811126

ウジェーヌ・イザイ - Eugène Ysaÿe (1858-1931)

**:**
子供の夢 Op. 14 (オーボエとピアノ編)
15.

Reve d'enfant, Op. 14 (arr. for oboe and piano)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4811127
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ラヴィ 投稿日:2010/04/21
なんて美しく心癒されるアルバムでしょうか。選曲もとても良く、私のようなオールドクラシックリスナーにとっては「日常の心のわだかまりを忘れさせてくれる一服の清涼剤・心の栄養」です。池田さんのオーボエの演奏は品良くヴィブラートをかけながら実に良く「歌心」を表現していて、オーボエという素朴かつ繊細な楽器の良さをつくづく感じさせられます。
レビュアー: junsin 投稿日:2010/09/07
深々とした音色と気品に満ちた歌わせ方に、すっかりとらわれてしまいました。何度聴いても心が満たされます。池田昭子さんの高雅な音楽性の世界に出会うことができて至福の極みです。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2017/05/01
先のレビューアーの方々と同じ様な感想ですが、しみじみとした音色で優しく包み込んでくれるような演奏です。池田昭子さんのオーボエも素晴らしいですが、ピアノの石田三和子さんも暖かみのある音色で、仕事に疲れたときに「無理に肩ひじ張らなくても、大丈夫だよ」と心を癒してくれ、すっーと気持ちが楽になりました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。