ホーム > アルバム > NYCC-27294 ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/スメタナ:交響詩「モルダウ」(読売日本交響楽団/近衛秀麿)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
NYCC-27294
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベドジフ・スメタナ Bedřich Smetana , アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
近衞秀麿 Hidemaro Konoye , 読売日本交響楽団 Yomiuri Nippon Symphony Orchestra

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/スメタナ:交響詩「モルダウ」(読売日本交響楽団/近衛秀麿)

DVOŘÁK, A.: Symphony No. 9, "From the New World" / SMETANA, B.: Moldau (Yomiuri Nippon Symphony, Hidemaro Konoye)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/NYCC-27294

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第9番 ホ短調 「新世界より」 Op. 95

Symphony No. 9 in E Minor, Op. 95, B. 178, "From the New World"

録音: 3-4 June 1968, Setagaya Kumin Kaikan, Japan
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4670387
**:**
»  I. Adagio - Allegro molto
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro con fuoco
4.

-

 
**:**
スラヴ舞曲集 第2集 Op. 72, B. 147 - 第2番 ホ短調
5.

Slavonic Dances, Series 2, Op. 72, B. 147: No. 2 in E Minor

録音: 3-4 June 1968, Setagaya Kumin Kaikan, Japan
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4670388

ベドジフ・スメタナ - Bedřich Smetana (1824-1884)

**:**
連作交響詩「わが祖国」 - 第2曲 モルダウ
6.

Ma vlast (My Fatherland): No. 2. Vltava (Moldau)

録音: 3-4 June 1968, Setagaya Kumin Kaikan, Japan
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4670389
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/01
ベートーヴェンへの情熱、そして深い共感を魅せた近衞秀麿。彼はまた、民族色溢れるドヴォルザーク、スメタナの音楽に対しても、見事な解釈を聞かせます。ドヴォルザークの「新世界より」は、言うまでもなく彼の代表作であり、全ての音楽好きに愛される名曲です。曲の成立については、以前は「新大陸で生活するドヴォルザークの望郷の念が込められている」という説がありましたが、最近の研究では、ドヴォルザークがアメリカでオペラを構想するも、それは実現しなかったため、その素材を散りばめて交響曲にしたという説も出ています。かなりドラマティックな様相を持つこの作品、もちろん近衞はその説は知る由もなかったはずなのですが、彼の指揮は間違いなく曲の本質を的確に捉えているものです。ボヘミアの大地を吹き抜ける風を思わせる「スラヴ舞曲」、その風とともに肥沃な大地を流れていく「モルダウ」、どの曲にも万感の思いが詰まっている名演です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。