ホーム > アルバム > OC716 クセナキス/ロペス・ロペス/ピンチャー/ドラックマン/グロボカール:パーカッション作品集(ヨハネス・フィッシャー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC716
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ヤニス・クセナキス Iannis Xenakis , ヴィンコ・グロボカール Vinko Globokar , ジェイコブ・ドラックマン Jacob Druckman , マティアス・ピンチャー Matthias Pintscher , ホセ・マニュエル・ロペス・ロペス José Manuel López López
作詞家
ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht
アーティスト
ヨハネス・フィッシャー Johannes Fischer

クセナキス/ロペス・ロペス/ピンチャー/ドラックマン/グロボカール:パーカッション作品集(ヨハネス・フィッシャー)

Percussion Recital: Fischer, Johannes - XENAKIS, I. / LOPEZ LOPEZ, J.M. / PINTSCHER, M. / DRUCKMAN, J. / GLOBOKAR, V. (Gravity)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/OC716

全トラック選択/解除

ヤニス・クセナキス - Iannis Xenakis (1922-2001)

**:**
ルボン A
1.

Rebonds A

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279263

ホセ・マニュエル・ロペス・ロペス - José Manuel López López (1956-)

**:**
カルキュロ・セクレト
2.

Calculo secreto

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279264

マティアス・ピンチャー - Matthias Pintscher (1971-)

**:**
ネメトン
3.

Nemeton

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279265

ジェイコブ・ドラックマン - Jacob Druckman (1928-1996)

**:**
リフレクションズ・オン・ザ・ネイチャー・オブ・ウォーター

Reflections on the Nature of Water

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279266
**:**
»  I. Crystalline
4.

-

**:**
»  II. Fleet
5.

-

**:**
»  III. Tranquil
6.

-

**:**
»  IV. Gently swelling
7.

-

**:**
»  V. Profound
8.

-

**:**
»  VI. Relentless
9.

-

ヴィンコ・グロボカール - Vinko Globokar (1934-)

**:**
タッチャー
10.

Toucher

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279267

ヤニス・クセナキス - Iannis Xenakis (1922-2001)

**:**
ルボン B
11.

Rebonds B

録音: 11-13 December 2007, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/279268
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ヘニョハロ 投稿日:2010/08/07
ヨハネス・フィッシャーは若手の打楽器奏者。まだ20代だそうです。 GEN89135でもそうだったのですが、クセナキスで他の曲を挟むという形式をとっています。 特にルボンBにおいて顕著ですが、太鼓系楽器でも各楽器の音程にこだわりを持っているようで、かなり心地よく響きます。 ロペス=ロペスの“Calculo secreto”はヴィブラフォンの響きを巧みにコントロールして、輪郭を明確にしています。 ジェイコブ・ドラックマンは打楽器奏者ダニエル・ドラックマンの父親で、この“Reflections on the Nature of Water”はマリンバの超難曲として知られています。曲名通り水や光を思わせる美しく、気ままに移りゆく曲です。 グロボカールのToucherは演奏者が台詞を喋りながら楽器を演奏する作品。その言葉と楽器の絡みが絶妙で面白い作品です。 何より演奏者のヨハネス・フィッシャーが上手い!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。