ホーム > アルバム > OC891 R. シュトラウス:アルプス交響曲(フランクフルト歌劇場管/ヴァイグレ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC891
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
アーティスト
セバスティアン・ヴァイグレ Sebastian Weigle , フランクフルト歌劇場管弦楽団 Frankfurt Opera and Museum Orchestra

R. シュトラウス:アルプス交響曲(フランクフルト歌劇場管/ヴァイグレ)

STRAUSS, R.: Alpensinfonie (Eine) (Frankfurt Opera and Museum Orchestra, Weigle)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/OC891

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
アルプス交響曲 Op. 64, TrV 233

Eine Alpensinfonie (An Alpine Symphony), Op. 64, TrV 233

録音: 1-2 November 2015, Alte Oper Frankfurt, Frankfurt, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4966802
**:**
»  Nacht (Night) -
1.

-

**:**
»  Sonnenaufgang (Sunrise) -
2.

-

**:**
»  Der Anstieg (The Ascent) -
3.

-

**:**
»  Eintritt in den Wald (Entry into the Wood) -
4.

-

**:**
»  Wanderung neben dem Bache (Wandering by the brook)
5.

-

**:**
»  Am Wasserfall (At the Waterfall) -
6.

-

**:**
»  Erscheinung (Apparition) -
7.

-

**:**
»  Auf blumigen Wiesen (On Flowering Meadows) -
8.

-

**:**
»  Auf der Alm (On the Alpine Pasture) -
9.

-

**:**
»  Durch Dickicht und Gestrüpp auf Irrwegen (Straying through Thicket and Undergrowth) -
10.

-

**:**
»  Auf dem Gletscher (On the Glacier) -
11.

-

**:**
»  Gefahrvolle Augenblicke (Dangerous Moments) -
12.

-

**:**
»  Auf dem Gipfel (On the Summit) -
13.

-

**:**
»  Vision
14.

-

**:**
»  Nebel steigen auf (Mists rise) -
15.

-

**:**
»  Die Sonne verdüstert sich allmählich (The Sun gradually darkens) -
16.

-

**:**
»  Elegie
17.

-

**:**
»  Stille vor dem Sturm (Calm before the Storm) -
18.

-

**:**
»  Gewitter und Sturm, Abstieg (Thunder and Storm, Descent) -
19.

-

**:**
»  Sonnenuntergang (Sunset) -
20.

-

**:**
»  Ausklang (Final Sounds) -
21.

-

**:**
»  Nacht (Night) -
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
2016年にも来日、レパートリーの広さで定評のあるドイツの指揮者セバスチャン・ヴァイグレ。OEHMSレーベルで進行中のこのリヒャルト・シュトラウスのシリーズは、ヴァイグレが「最も得意である」と語る作曲家であるだけに、どれも力の入った見事な出来映えを誇っています。今回の「アルプス交響曲」はとりわけ多彩な響きを駆使した映画音楽のような作品であり、ヴァイグレはオペラで培った巧みな統率力と表現力で、雄大なアルプスの風景だけでなく、シュトラウス(1864-1949)が作品に秘めたニーチェの影響(アンチクリスト)までをも丁寧に描き出そうとするかのようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。