ホーム > アルバム > OC963 チャイコフスキー:歌劇「イオランタ」(ゴロヴネヴァ/ヴィノグラードフ/ケルン歌劇場合唱団/ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC963
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
作詞家
モデスト・チャイコフスキー Modest Tchaikovsky
アーティスト
アレクサンドル・ヴィノグラードフ Alexander Vinogradov , マルタ・ヴリク Marta Wryk , マルク=オリヴィエ・エッテルリ Marc-Olivier Oetterli , ドミートリー・キタエンコ Dmitri Kitayenko , ギュルツェニヒ管弦楽団 Gürzenich Orchestra , ケルン・オペラ合唱団 Cologne Opera Chorus , オレーシャ・ゴロヴネヴァ Olesya Golovneva , ユスティナ・サムボルスカ Justyna Samborska , ダリア・シェヒター Dalia Schaechter , ヴラジスラフ・スリムスキー Vladislav Sulimsky , ジョン・ホイツェンローダー John Heuzenroeder , ドミトロ・ポポフ Dmytro Popov , アンドレイ・ボンダレンコ Andrei Bondarenko

チャイコフスキー:歌劇「イオランタ」(ゴロヴネヴァ/ヴィノグラードフ/ケルン歌劇場合唱団/ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

TCHAIKOVSKY, P.I.: Iolanta [Opera] (Golovneva, Vinogradov, Bondarenko, Cologne Opera Chorus, Gürzenich Orchestra, Kitayenko)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/OC963

全トラック選択/解除

Disc 1

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
歌劇「イオランタ」 Op. 69

Iolanta, Op. 69

録音: 17 and 19 October 2014, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4363579
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  Scene: Moy ptenchik, Iolanta, ty ustala? (Marthe, Iolanta, Brigitte, Laura, Chorus) - Arioso: Otchego eto prezhde ne znala li toskya ya (Iolanta)
2.

-

**:**
»  Scene: Polno, ne nado, rodnaya, popustu dushu tomit! (Marthe, Brigitte, Laura, Chorus) - Vot, tebe, lyutiki, vot vasilki (Brigitte, Laura, Chorus, Marthe)
3.

-

**:**
»  Scene: Brigitta, eto ty? (Iolanta, Laura, Brigitte, Marthe) - Spi, pust angely krylami navevayut sny (Brigitte, Laura, Marthe, Chorus)
4.

-

**:**
»  Scene: Prizyvny rog (Bertrand, Almeric, Marthe, Rene, Ebn-Hakia) - Arioso: Gospod moy, yesli greshen ya (Rene)
5.

-

**:**
»  Scene: Tvoye litso besstrastno (Rene, Ebn-Hakia) - Arioso: Dva mira: plotsky i dukhovny (Ebn-Hakia, Rene)
6.

-

Disc 2

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
歌劇「イオランタ」 Op. 69

Iolanta, Op. 69

録音: 17 and 19 October 2014, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4363579
**:**
»  Scene: Ne toropis (Robert, Vaudemont) - Aria: Kto mozhet sravnitsya s Matildoy moyey (Robert)
1.

-

**:**
»  Romance: Net! Chary lask krasy myatezhnoy (Vaudemont)
2.

-

**:**
»  Scene: Odnako gde zhe my? (Vaudemont, Robert, Iolanta) - Duet: Chudny pervenets tvorenya (Vaudemont, Iolanta)
3.

-

**:**
»  Scene: Iolanta! Iolanta! Iolanta! (Marthe, Laura, Brigitte, Iolanta, Chorus, Rene, Vaudemont, Almeric, Ebn-Hakia, Bertrand)
4.

-

**:**
»  Finale: Prosti menya, ya obmanul tebya (Rene, Vaudemont, Almeric, Robert, Bertrand, Marthe, Laura, Brigitte, Chorus, Iolanta, Ebn-Hakia)
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/06/01
チャイコフスキー(1840-1893)の交響曲全集ツィクルスを完成させたキタエンコですが、まだまだこの作曲家へと燃やす愛の炎は消えていなかったのです。この「イオランタ」は1892年のクリスマス・シーズンである12月18日に、あの「くるみ割り人形」と同日初演された1幕の短いメルヘン・オペラです。さすがに2演目の同時公演は壮大すぎたのか、翌日チャイコフスキーは弟に「2つの華麗な作品で目が疲れた」と手紙を書いたといいます。またグスタフ・マーラーがこの作品を1893年1月3日にハンブルク、1900年3月22日にウィーンで、それぞれ初演しているというのも興味深いところです。そんな愛らしいこの作品、内容は盲目の姫と彼女を巡る人々の物語。全ての登場人物は優しく思いやりに溢れ、物語もほのぼのと進行し、もちろん最後はハッピーエンドで締めくくられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。