ホーム > アルバム > OC972 フロトー:歌劇「マルタ」(ベングトソン/マギエラ/レア/フランクフルト歌劇場合唱団&管弦楽団/ヴァイグレ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC972
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
フリードリヒ・フォン・フロトウ Friedrich von Flotow
作詞家
フリードリヒ・ヴィルヘルム・リーゼ Friedrich Wilhelm Riese
アーティスト
セバスティアン・ヴァイグレ Sebastian Weigle , スヴェア・ヴェルフュルト Svea Verfürth , ニコライ・クラーヴァ Nicolai Klawa , AJ・グルッカート AJ Glueckert , ミヒャエラ・シャウデル Michaela Schaudel , ゲルハルト・ジンガー Gerhard Singer , フランクフルト歌劇場管弦楽団 Frankfurt Opera and Museum Orchestra , フランクフルト歌劇場合唱団 Frankfurt Opera Chorus , ビョルン・ブルガー Björn Bürger , ユリア・ヘッセ Julia Hesse , マリア・ベングトソン Maria Bengtsson , フランツ・マイヤー Franz Mayer , カタリーナ・マギエラ Katharina Magiera , バーナビー・レア Barnaby Rea , ヨハネス・レーナー Johannes Lehner , Thomas Charrois , Cheol Kang

フロトー:歌劇「マルタ」(ベングトソン/マギエラ/レア/フランクフルト歌劇場合唱団&管弦楽団/ヴァイグレ)

FLOTOW, F. von: Martha [Opera] (Bengtsson, Magiera, Rea, Frankfurt Opera Chorus, Frankfurt Opera and Museum Orchestra, Weigle)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/OC972

全トラック選択/解除

Disc 1

フリードリヒ・フォン・フロトウ - Friedrich von Flotow (1812-1883)

**:**
歌劇「マルタ」

Martha

録音: 16 October 2016, Oper Frankfurt
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6501827
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Darf mit nächtig düstren Träumen (Chorus, Nancy, Lady)
2.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Teure Lady! (Nancy, Lady)
3.

-

**:**
»  Act I: Trio: Gnaden Tristan Mickleford! (3 Diener, Lady, Tristan, Nancy)
4.

-

**:**
»  Act I: Wohlgemut, junges Blut (Chorus, Lady, Nancy, Tristan)
5.

-

**:**
»  Act I: Mädchen, brav und treu (Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I: Duet: Wie das schnattert, wie das plappert (Plumkett, Lyonel)
7.

-

**:**
»  Act I: Finale: Der Markt beginnt! Die Glocke schallt! (Chorus, Richter, 3 Mägde, 2 Pächter)
8.

-

**:**
»  Act I: Vorwärts, Bob, muss man Euch ziehen (Lady, Nancy, Tristan, Plumkett, Lyonel, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act I: Finale: Quartet: Sieh nur, wie sie uns betrachten! (Lady, Nancy, Plumkett, Lyonel, Tristan, Richter, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II: Entr'acte and Quartet: Nur näher, schöne Mädchen (Lyonel, Plumkett, Lady, Nancy)
11.

-

**:**
»  Act II: Quartet: Mädels, dort ist eure Kammer (Plumkett, Lady, Nancy, Lyonel)
12.

-

**:**
»  Act II: Duet: Nancy! Julia! So warte! (Lady, Lyonel)
13.

-

**:**
»  Act II: Folksong: Letzte Rose (Lady, Lyonel)
14.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Warte nur! Das sollst du büssen! (Plumkett, Nancy)
15.

-

**:**
»  Act II: Notturno: Schlafe wohl! Und mag dich reuen (Lady, Nancy, Lyonel, Plumkett)
16.

-

**:**
»  Act II: Finale: Lady! Was nun weiter? (Lady, Nancy, Tristan, Plumkett, Chorus)
17.

-

Disc 2

フリードリヒ・フォン・フロトウ - Friedrich von Flotow (1812-1883)

**:**
歌劇「マルタ」

Martha

録音: 16 October 2016, Oper Frankfurt
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6501827
**:**
»  Act III: Entr'acte and Porter Song: Lasst mich euch fragen (Plumkett, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act III: Auch wir Frau'n, wir wollen schaun nach Beute, hussa! (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act III: Jägerin, schlau im Sinn (Nancy, Chorus, Plumkett, Lyonel)
3.

-

**:**
»  Act III: Aria: Ach so fromm, ach so traut (Lyonel)
4.

-

**:**
»  Act III: Finale: Die Herrin rastet dort (Tristan, Lady, Lyonel, Plumkett, Nancy, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III: Quintet: Mag der Himmel euch vergeben (Lyonel, Lady, Nancy, Tristan, Plumkett, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act IV: Entr'acte and Recitative: Zum treuen Freunde geh (Lady)
7.

-

**:**
»  Act IV: Aria: Den Teuren zu versöhnen (Lady)
8.

-

**:**
»  Act IV: Recitative: Lady! Mylady! Treuer Freund! (Nancy, Plumkett, Lady)
9.

-

**:**
»  Act IV: Duet: Der Lenz ist gekommen (Lady, Lyonel)
10.

-

**:**
»  Act IV: Recitative: Fasst Euch, Lady! (Nancy, Plumkett, Lady)
11.

-

**:**
»  Act IV: Duet: Ja, was nun? (Plumkett, Nancy)
12.

-

**:**
»  Act IV: Finale: Hier die Buden, dort die Schanke! (Chorus, Lady, Nancy, Plumkett, Lyonel)
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
アン女王の女官ハリエットは普段の生活に退屈しています。そこで刺激を求めて、侍女ナンシーと共にマルタとユリアの名を持つ村娘に変装して、奉公人市場に出かけ、若い農場主ブランケットの元で働く契約をしてしまいます。ブランケットの義弟、ライオネルはマルタ(ハリエット)の歌声に魅了され、彼女にプロポーズをするのですが…。19世紀の歌劇によくある「普通の若者が実は貴族の遺児だった」という設定が、このオペラでも生きており、一旦はマルタとの恋をあきらめてしまったライオネルの想いも最後には成就する楽しい作品です。第2幕で歌われる「夏の名残りのばら」や、「まじめで働き者の娘さん」、ライオネルのアリア「夢のように」など、日本でも良く知られる曲が散りばめられていますが、全曲録音はあまりなく、この素晴らしい歌手を揃えたヴァイグレの演奏の登場は、19世紀の忘れられた作品の復興としても価値あるものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。