ホーム > アルバム > ORC100067 ウォルトン:ファサード(ボイド/ソーンズ/アンサンブル7x3/ウィルソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ORC100067
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
インタビュー, 声楽曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton , na Not Applicable
作詞家
イーディス・シットウェル Edith Sitwell
アーティスト
ジョン・ウィルソン John Wilson , イーディス・シットウェル Edith Sitwell , ポール・デーン Paul Dehn , Ensemble 7x3 , Lionel Hale , Margaret Lane

ウォルトン:ファサード(ボイド/ソーンズ/アンサンブル7x3/ウィルソン)

WALTON, W.: Façade (C. Boyd, Soanes, Ensemble 7x3, J. Wilson)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/ORC100067

全トラック選択/解除

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
ファサード

Façade

録音: 23-24 October 2015, Henry Wood Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5551460
**:**
»  Fanfare
1.

-

**:**
»  Hornpipe
2.

-

**:**
»  En famille
3.

-

**:**
»  Mariner Man
4.

-

**:**
»  Long Steel Grass
5.

-

**:**
»  Through Gilded Trellises
6.

-

**:**
»  Tango-Pasadoble
7.

-

**:**
»  Lullaby for Jumbo
8.

-

**:**
»  Black Mrs. Behemoth
9.

-

**:**
»  Tarantella
10.

-

**:**
»  A Man from A Far Countree
11.

-

**:**
»  By the Lake
12.

-

**:**
»  Country Dance
13.

-

**:**
»  Polka
14.

-

**:**
»  Four in the Morning
15.

-

**:**
»  Something Lies Beyond the Scene
16.

-

**:**
»  Valse
17.

-

**:**
»  Jodelling Song
18.

-

**:**
»  Scotch Rhapsody
19.

-

**:**
»  Popular Song
20.

-

**:**
»  Fox Trot
21.

-

**:**
»  Sir Beelzebub
22.

-

- na Not Applicable

**:**
Frankly Speaking - Dame Edith Sitwell Interviewed by Paul Dehn, Lionel HaleとMargaret Lane

Frankly Speaking - Dame Edith Sitwell Interviewed by Paul Dehn, Lionel Hale and Margaret Lane

録音: 25 November 1955, BBC Home Service, United Kingdom
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5599564
**:**
»  'Introduction…' what is the most beautiful line of poetry?'
23.

-

**:**
»  Personal appearance
24.

-

**:**
»  '…the technical side of your poetry…'
25.

-

**:**
»  Façade
26.

-

**:**
»  Thoughts on her early work
27.

-

**:**
»  The Sitwell siblings…childhood
28.

-

**:**
»  Other poets…poetry's position in the world
29.

-

**:**
»  Childhood reading
30.

-

**:**
»  Façade again
31.

-

**:**
»  Writing film scripts…America
32.

-

**:**
»  Parental influence and childhood
33.

-

**:**
»  Worst faults…battles against injustice…the aims of poetry
34.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/02/01
イギリスの女性詩人イーディス・シットウェルと作曲家ウォルトンが初めて会ったのは1916年頃のこと。ウォルトンがオックスフォード大学クライスト・チャーチ校に入学し、イーディスの弟サシェヴァレルと親友になったことで繋がりができました。結局学校を退学したウォルトンは、そのままシットウェル家に住み込み、作曲家を志します。彼が最初に作曲家として名声を得たのが1922年に発表した「ファサード」で、これこそイーディスの詩に基づく物語でした。後にバレエ音楽にもなったこの作品、ここでは語りも含めた楽しい一編となっています。軽妙な語りを聞かせるキャロル・ボイドは英国の女優。BBC RADIO4の人気ラジオ・ドラマ「アーチャー家の人々」でリンダ・スネル役を演じる他、テレビ、ラジオ、舞台で大活躍、35年以上のキャリアを持つヴェテランです。また、同時に収録されているのはイーディス・シットウェルがインタビューに応えている1955年のラジオ番組の復刻。ウォルトンとの思い出が語られています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。