ホーム > アルバム > PH04093 ブルックナー:交響曲第3番(第3稿, 1879年ノーヴァク版)(バイエルン放送響/テンシュテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PH04093
CD発売時期
2005年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
クラウス・テンシュテット Klaus Tennstedt , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

ブルックナー:交響曲第3番(第3稿, 1879年ノーヴァク版)(バイエルン放送響/テンシュテット)

BRUCKNER: Symphony No. 3 in D Minor

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/PH04093

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第3番 ニ短調 WAB 103 (1889年稿・ノヴァーク版)

Symphony No. 3 in D Minor, WAB 103 (1889 version, ed. L. Nowak)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1120206
**:**
»  I. Misterioso
1.

-

**:**
»  II. Andante, quasi Adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kirakuossan 投稿日:2010/04/18
マーラーでなじみ深いテンシュテット。ブルックナーは珍しい。ド迫力でグイグイ、迫力満点。バイエルンもフル回転。録音状態も良好。得てして欲求不満に陥ることもあるブルックナーだが、これはスカットする。
レビュアー: Anton 投稿日:2010/12/04
テンシュテットはブルックナーにも一家言あったようです。時折現れるテンポアップが、テンシュテットファンには好かれ、、ブルク狂徒には嫌われる所以です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。