ホーム > アルバム > PH05021 ブラームス:交響曲第1番(バイエルン放送響/ジュリーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PH05021
CD発売時期
2005年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
カルロ・マリア・ジュリーニ Carlo Maria Giulini , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

ブラームス:交響曲第1番(バイエルン放送響/ジュリーニ)

BRAHMS: Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/PH05021

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
交響曲第1番 ハ短調 Op. 68

Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/108307
**:**
»  I. Un poco sostenuto: Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Un poco allegretto e grazioso
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Adagio - Più andante - Allegro non toppo, ma con brio
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kirakuossan 投稿日:2010/04/16
ブラームスの第1番はどうしても第1楽章の印象が強くて、重厚さ、荘厳さが前面に立ち、堅苦しさを感じることがあります。ただジュリーニとバイエルン放送響の演奏(79年ライヴ)を聴くと、力みもなく、濃縮な中にも実にしなやかに響き渡ります。とくに第4楽章などは、第2番交響曲のあの柔らかい音色を彷彿させ、ジュリーニのカンタービレがいかんなく発揮された最高の演奏に仕上がっています。やはり、ブラームスって本当に「美しいなあ」・・・と思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。