ホーム > アルバム > PTC5186371 ブルックナー:交響曲第8番(1890年版)(スイス・ロマンド管/ヤノフスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PTC5186371
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
スイス・ロマンド管弦楽団 Swiss Romande Orchestra , マレク・ヤノフスキ Marek Janowski

ブルックナー:交響曲第8番(1890年版)(スイス・ロマンド管/ヤノフスキ)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 8 (1890 Version) (Swiss Romande Orchestra, M. Janowski)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/PTC5186371

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第8番 ハ短調 WAB 108 (1890年稿・ノヴァーク版)

Symphony No. 8 in C Minor, WAB 108 (1890 edition, ed. L. Nowak)

録音: April, June, July 2010, Victoria Hall, Geneva, Switzerland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/785913
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Feierlich, nicht schnell
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2013/01/14
明るめの音色ながら落ち着いたオーケストラの音をしっとりと暖かく丁寧に響かせた、絶妙に自然体の美しい名演奏だと思います。壮大に構えることも強烈に迫ることも、無骨にしたり重くなったりもせずに、オーケストラが隅々まで思慮深くもさりげなく生き生きと鳴り響く、清々しくも円熟の演奏で、作品の世界にすっと深く誘うかのように感じられました。またその正攻法ともいうべきスタイルから、特に第4楽章ではくっきりした対位法の扱いにより新鮮な構図が続々と浮かび上がるのも魅力的です。新しい時代のスタンダードと呼ぶにふさわしい演奏では、と思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。