ホーム > アルバム > SACC72121 モーツァルト:レクイエム ニ短調(弦楽四重奏編)(クイケン弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SACC72121
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
ペーター・リヒテンタール Peter Lichtenthal
アーティスト
クイケン四重奏団 Kuijken String Quartet, The

モーツァルト:レクイエム ニ短調(弦楽四重奏編)(クイケン弦楽四重奏団)

MOZART, W.A.: Requiem in D Minor (arr. for string quartet) (the Kuijken String Quartet)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/SACC72121

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
レクイエム ニ短調 K. 626 (弦楽四重奏編)

Requiem in D Minor, K. 626 (arr. for string quartet)

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/221675
**:**
»  Introit: Requiem aeternam
1.

-

**:**
»  Kyrie
2.

-

**:**
»  Sequence: I. Dies irae
3.

-

**:**
»  Sequence: II. Tuba mirum
4.

-

**:**
»  Sequence: III. Rex tremendae majestatis
5.

-

**:**
»  Sequence: IV. Recordare, Jesu pie
6.

-

**:**
»  Sequence: V. Confutatis maledictis
7.

-

**:**
»  Sequence: VI. Lacrimosa dies illa
8.

-

**:**
»  Offertory: I. Domine Jesu Christe
9.

-

**:**
»  Offertory: II. Hostias et preces
10.

-

**:**
»  Sanctus
11.

-

**:**
»  Benedictus
12.

-

**:**
»  Agnus Dei
13.

-

**:**
»  Communion: Lux aeterna
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2017/07/29
モーツァルト最後の作品であり、最高傑作の「レクイエム」。それを弦楽四重奏で演奏しているアルバムを紹介します。しかもクイケン四重奏団による古楽器での演奏。編曲者のペーター・リヒテンタールはモーツァルトとも親交があり、このレクイエム以外にも多くの作品を編曲しています。編曲の元になっているのは有名なジュースマイヤー版ですが、合唱がなくとも、オリジナルを損なうことのない見事なアレンジには驚かされます。クイケンは、このリヒテンタールの編曲に、演奏上の理由により若干手を加えているようです。ラクリモーサのすすり泣くような弦の音は、感傷に浸ってしまいます。歌のないレクイエム、新しい世界が広がります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。