ホーム > アルバム > SSM1012 デュティユー:同じ和音の上に/二つの引用/瞬間の神秘/音色、空間、運動(ハーデリッヒ/シアトル響/モルロー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SSM1012
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
アンリ・デュティユー Henri Dutilleux
アーティスト
ジョーダン・アンダーソン Jordan Anderson , マハン・エスファハニ Mahan Esfahani , チェスター・エングランダー Chester Englander , シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , アウグスティン・ハーデリッヒ Augustin Hadelich , ルドヴィク・モルロー Ludovic Morlot , メアリー・リンチ Mary Lynch , マイケル・A・ワーナー Michael A. Werner

デュティユー:同じ和音の上に/二つの引用/瞬間の神秘/音色、空間、運動(ハーデリッヒ/シアトル響/モルロー)

DUTILLEUX, H.: Sur le même accord / Les citations / Mystere de l'instant / Timbres, espace, mouvement (Hadelich, Seattle Symphony, Morlot)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/SSM1012

全トラック選択/解除

アンリ・デュティユー - Henri Dutilleux (1916-2013)

**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための夜想曲 「同じ和音の上に」
1.

Nocturne for violin and orchestra, "Sur le même accord"

録音: 22 March 2016, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4960602
 
**:**
二つの引用

Les citations

録音: 9 November 2015, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4961174
**:**
»  I. For Aldeburgh 85
2.

-

**:**
»  II. From Janequin to Jehan Alain
3.

-

 
**:**
瞬間の神秘
4.

Mystere de l'instant (Mystery of the moment)

録音: 22 April 2016, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4961175
 
**:**
音色、空間、運動

Timbres, espace, mouvement

録音: 28, 30 April 2016, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4961176
**:**
»  I. Nebuleuse
5.

-

**:**
»  II. Interlude
6.

-

**:**
»  III. Constellations
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
前作のヴァイオリン協奏曲「夢の樹」(SSM-1007)で第58回グラミー賞「ベストクラシカル・インストゥルメンタル・ソロ」部門を受賞したモルローとシアトル交響楽団(ヴァイオリンはハーデリッヒ)によるデュティユーの第3集は、同じくハーデリッヒのソロによる「同じ和音の上に」を含む4つの作品集。アンネ=ゾフィー・ムターのために作曲された「同じ和音の上に」は小さな音列が少しずつ変化しながら、最初はピチカートでひそやかに、少しずつ盛り上がっていくという手法の音楽。一応"夜想曲"と銘打たれていますが、癒しの効果は全くなく、どちらかというとエキサイティングな作品です。もちろんヴァイオリンの妙技も存分に楽しめます。様々な響きが美しい「2つの引用」、ツィンバロンの幽玄な音色が印象的な「瞬間の神秘」、初期作品の「音色、空間、運動」とどれも興味深い音響に満ちています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。