ホーム > アルバム > SSM1015 アイヴズ:オーケストラ・セット第1番, 第2番/ホリデイ・シンフォニー「ニューイングランドの祝祭日」(シアトル交響合唱団/シアトル響/モルロー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SSM1015
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
チャールズ・アイヴズ Charles Ives
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , シアトル交響合唱団 Seattle Symphony Chorale , ルドヴィク・モルロー Ludovic Morlot

アイヴズ:オーケストラ・セット第1番, 第2番/ホリデイ・シンフォニー「ニューイングランドの祝祭日」(シアトル交響合唱団/シアトル響/モルロー)

IVES, C.: Orchestral Sets Nos. 1 and 2 / A Symphony: New England Holidays (Seattle Symphony Chorale and Orchestra, Morlot)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/SSM1015

全トラック選択/解除

チャールズ・アイヴズ - Charles Ives (1874-1954)

**:**
オーケストラ・セット第1番 「ニュー・イングランドの3つの場所」

Orchestral Set No. 1, "3 Places in New England"

録音: 11, 13 and 14 February 2016, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5691167
**:**
»  I. The St. Gaudens in Boston Common (Col. Shaw and his Colored Regiment)
1.

-

**:**
»  II. Putnam's Camp, Redding, Connecticut
2.

-

**:**
»  III. The Housatonic at Stockbridge
3.

-

 
**:**
オーケストラ・セット第2番

Orchestral Set No. 2

録音: 15 and 17 June 2016, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5691168
**:**
»  I. An Elegy to Our Forefathers
4.

-

**:**
»  II. The Rockstrewn Hills Join in the People's Outdoor Meeting
5.

-

**:**
»  III. From Hanover Square North, at the End of a Tragic Day, the Voice of the People Again Arose
6.

-

 
**:**
ホリデイ・シンフォニー 「ニューイングランドの祝祭日」(祭日交響曲)

A Symphony: New England Holidays

録音: 1, 2 and 4 February 2017, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5691169
**:**
»  I. George Washington's Birthday
7.

-

**:**
»  II. Decoration Day
8.

-

**:**
»  III. Fourth of July
9.

-

**:**
»  IV. Thanksgiving Day and Forefathers' Day
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
ルドヴィク・モルローとシアトル交響楽団によるアイヴズ作品の第3集。アイヴズ作品の特徴とも言える“複雑な旋律の絡み合い”と“リズムの交錯”が顕著な「ニューイングランドの3つの場所」。アイヴズの本領発揮とも言える第2楽章「パットナム将軍の野営地」を筆頭に、数多くの要素を曲の中に投入したかのようなこの曲を、モルローは細心の注意を払って演奏。時折現れる郷愁に満ちた旋律を強調することで、作品に親しみやすさを与えています。 ドイツ軍によって撃沈された客船に乗船していたアメリカ人犠牲者や、祖先たちへの哀悼の意を込めた「オーケストラ・セット第2番」、アイヴズ自身の回想を音楽にした「ホリディ・シンフォニー」もノスタルジックなアメリカ風景を前衛的な音に落とし込んだ興味深い曲。どれもオーケストラのアンサンブル能力を問われる演奏至難な作品ですが、シアトル交響楽団は完璧に演奏しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。