ホーム > アルバム > swr19036cd ワーグナー:オペラの序曲と前奏曲集(南西ドイツ放送響/ロスバウト)(1955, 1957, 1959)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
swr19036cd
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・ワーグナー Richard Wagner
アーティスト
バーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden , ハンス・ロスバウト Hans Rosbaud

ワーグナー:オペラの序曲と前奏曲集(南西ドイツ放送響/ロスバウト)(1955, 1957, 1959)

WAGNER, R.: Opera Overtures and Preludes (South West German Radio Symphony, Rosbaud) (1955, 1957, 1959)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/swr19036cd

全トラック選択/解除

リヒャルト・ワーグナー - Richard Wagner (1813-1883)

**:**
歌劇「リエンツィ」 - 序曲
1.

Rienzi: Overture

録音: 28 December 1955, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5616165
 
**:**
歌劇「さまよえるオランダ人」 - 序曲
2.

Der fliegende Holländer (The Flying Dutchman): Overture

録音: 27 December 1955, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617717
 
**:**
歌劇「タンホイザー」 - 序曲
3.

Tannhauser: Overture

録音: 6 February 1959, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617718
 
**:**
歌劇「ローエングリン」 - 第3幕への前奏曲

Lohengrin, Act III: Prelude

録音: 11 March 1957, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617719
**:**
»  Lohengrin, Act I: Prelude
4.

-

**:**
歌劇「ローエングリン」 - 第3幕への前奏曲
5.

Lohengrin, Act III: Prelude

録音: 26 June 1959, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617720
 
**:**
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 - 第3幕への前奏曲
6.

Die Meistersinger von Nurnberg (The Mastersingers of Nuremberg), Act III: Prelude

録音: 11 March 1957, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617721
 
**:**
舞台神聖祝典劇「パルジファル」 - 第1幕 前奏曲
7.

Parsifal, Act I: Prelude

録音: 25 October 1957, Baden-Baden, SWF Musikstudio, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5617722
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/03/01
オーストリア出身の指揮者ハンス・ロスバウト(19851962)。後のピエール・ブーレーズに強い影響を与えたという現代音楽に慧眼を持つ指揮者でした。1929年に新設されたフランクフルト放送交響楽団の首席指揮者を務めた後、1948年に南西ドイツ放送交響楽団の音楽監督に就任。1962年までの14年間、その生涯をオーケストラのために捧げました。前述の通り、同時代の作品に深い共感を抱いていたロスバウトは、通常の定期コンサートを行うだけではなく、第二次世界大戦後に復興された「ドナウエッシンゲン音楽祭」にもオーケストラを参加させることで、南西ドイツ放送交響楽団の能力を飛躍的に高めることに成功しました。このワーグナーは、現代音楽へのアプローチとは一味違う、ロスバウトの熱のこもった演奏として知られています。オリジナル・テープを用い、入念にリマスターが施されたSWR自慢の音色をご堪能ください。Artistic Director:keine Angabe・・・1.2.4.6,Hilde Strobel・・・3.7,Ingeborg Kiekert・・・5/Sound Engineer:Ludwig Heiss・・・1.2,keine Angabe・・・3.4.6.7,Anton Enders・・・5/Digital

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。