ホーム > NML新着情報 > 世界最大のクラシック音楽ライブラリー、ついに日本上陸

NML新着情報

世界最大のクラシック音楽ライブラリー、ついに日本上陸(2005年11月15日)


ナクソス・デジタル・ジャパン、
クラシック音楽配信「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」を開始

世界最大のインターネット音楽ライブラリーがついに日本上陸!
月額1,890円で、20レーベル、950人の作曲家、のべ165,000曲以上の
膨大な音源をCD音質で全曲再生可能。百科事典並みの音楽データベース機能付き

URL: http://ml2.naxos.jp
 クラシックの世界的なレーベル「NAXOS」の、日本における音楽配信事業の拠点であるナクソス・デジタル・ジャパン株式会社(代表取締役社長 佐々木隆一、東京都世田谷区)は、11月15日、インターネット音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」の提供を開始します。

 ハーバード、オクスフォード、トロントなどの大学をはじめ、500以上の教育機関に導入されるなど、既に海外では高い評価を得ているライブラリー・システムが、いよいよ日本上陸となります。日本市場では教育機関の他、音楽教室、図書館や音楽ホール等の公共施設、音楽ライターやジャーナリスト、演奏家等の専門家の方々、さらにクラシック愛好家の個人の方々にもご活用いただけるサービスとして展開して参ります。

 本サービスは、費用をかけて音楽コレクションを揃えずとも、さまざまな音楽に接することができる環境を提供します。これにより日本の音楽文化の発展に貢献するとともに、ライブラリー配信という音楽配信の新しい形態を拓いていきたいと考えております。