ホーム > NML新着情報 > 【速報】ピエタリ・インキネン氏、日本フィル首席客演指揮者就任決定!

NML新着情報

【速報】ピエタリ・インキネン氏、日本フィル首席客演指揮者就任決定!(2009年3月18日)

2008年横浜定期演奏会で日本デビューを果たし、多くのクラシック・ファンを魅了したフィンランドの指揮者、ピエタリ・インキネン氏が、日本フィル首席客演指揮者への就任が決定しました!

主兵ニュージランド響を率いた2008年の来日と同じタイミングで、リリースされたシベリウス:組曲「歴史的情景」第1番, 第2番/組曲「クリスティアン2世」(8.570068)は大反響を呼びました。今秋以降の活躍に期待大です!

まだ先になりますが、2009年9月に就任後初来日演奏会が開かれます。

    東京定期演奏会(第613回)
    2009年9月4日(金)午後7時/5日(土)午後2時 サントリーホール
    指揮:ピエタリ・インキネン  ヴァイオリン:樫本大進
    ショスタコーヴィチ:祝典序曲
    シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
    ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

    料金・発売日は未定です。



NMLに収録されているインキネン氏の音源を下記にご紹介します。彼の音楽世界に魅了されて下さい。