ホーム > NML新着情報 > 待望!「naive」ほか6レーベルが新規参加

NML新着情報

待望!「naive」ほか6レーベルが新規参加(2009年7月24日)

NMLに「naive」「Ambroisie」「Auvidis」「Laborie」「Montaigne」「Opus 111」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD 34,514枚、492,243曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

naive
クラシック・レーベルの最大手「naive」がついにNMLに加わりました!しかも、子レーベルである「Ambroisie」「Auvidis」「Opus 111」などもまとめて参加です。古楽から現代までのすべてのレパートリーを網羅し、リリースされているカタログの量は膨大で、どのジャンルにおいてもビギナーからマニアまでとことん追求できる魅力あふれるレーベルです。根強い人気があるのが「Vivaldi Edition」です。古楽のスペシャリストばかりを起用し、演奏のクオリティは最高鋒。ジャケットも美しいものが多く興味をそそります。音源は随時追加されます。
Ambroisie
古楽アンサンブルのアマリリス、クリストフ・ルセなどが代表的アーティスト。特にチェロのオフェリー・ガイヤールのヴィヴァルディのソナタ集は評判が良いです。
Auvidis
古楽、古楽器による古典派の演奏に焦点を置いているレーベル「Auvidis」。チェロのクリストフ・コワン、リュートのホプキンソン・スミス、モザイク・クァルテットなど超一流の演奏が揃っています。
Laborie
バロック・チェロの帝王、クリストフ・コワンのレーベル「Laborie」。
Montaigne
近・現代のレパートリーを中心に扱うレーベル「Montaigne」。アルディッティ弦楽四重奏団による録音が多く、マニアには重宝されています。
Opus 111
古楽を中心にリリースしているレーベル「Opus 111」。ヴァイオリンのフォビオ・ビオンディ、チェンバロのリナルド・アレッサンドリーニ、クリストフ・シュペリングと名立たる演奏家が勢揃いです。このレーベル一番の注目は「Vivaldi Edition」でしょう。ファンには根強い人気があります。音源は随時追加されます。