ホーム > NML新着情報 > 「CSO Resound(シカゴ交響楽団自主制作盤)」が新規参加

NML新着情報

「CSO Resound(シカゴ交響楽団自主制作盤)」が新規参加(2009年11月16日)

NMLに「CSO Resound」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD :37,798枚、541,586曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

CSO Resound
大指揮者ゲオルグ・ショルティによって世界最高峰のオーケストラとなったシカゴ交響楽団の自主制作レーベル「CSO Resound」。ハイティンクによるマーラーを筆頭に、チョン・ミョンフンのショスタコーヴィチのライヴ音源をリリースしています。とりわけハーセス時代から築き上げられたブラス・セクションの黄金サウンドは世界随一です。