ホーム > NML新着情報 > オスモ・ヴァンスカ、読売日響に客演

NML新着情報

オスモ・ヴァンスカ、読売日響に客演(2009年12月11日)

NMLの代表的レーベルの一つ、スウェーデンの「BIS」の看板アーティストである指揮者、オスモ・ヴァンスカが、日本を代表するオーケストラの一つである読売日本交響楽団の定期公演、および「第九」コンサートに登場します。

12月15日(火)の定期公演では、今回が日本初演となる、フィンランドの代表的作曲家カレヴィ・アホ(1949~)の「虫の交響曲」というサブタイトルのついた「交響曲第7番」、そして「のだめカンタービレ」ですっかり有名になったベートーヴェンの「第7」の二曲が演奏されます。また、「第九」公演では、日本を代表する歌手陣(林正子、林美智子、中鉢聡、宮本益光)を揃え、12月21日(月)から27日(日)まで、ほぼ毎日公演が開催されます。

NMLではこれら3曲の、いずれもヴァンスカ自身の指揮した録音をお聴きいただけます。

カレヴィ・アホの作品が聴けるのは、まさにNMLならではといえるでしょう。また、ベートーヴェンは、他の誰にも似ていない個性的な解釈に基づいた演奏で、一部ファンの間で話題を呼んでいます。今回の公演でも果たして同じような解釈が聴けるのか、興味深いところです。

録音を聴いて興味を持たれた方は、ぜひ公演にも足を運ばれてはいかがでしょうか。


【公演日程】 ※詳細は読売日本交響楽団公式サイトをご覧下さい。

・第488回定期演奏会
 2009年12月15日(火) 19:00~ サントリーホール
 アホ:交響曲第7番「虫の交響曲」(日本初演) 
 ベートーヴェン:交響曲第7番

・「第九」コンサート
 2009年12月21日(月) 19:00~ 東京芸術劇場
 2009年12月22日(火) 19:00~ サントリーホール
 2009年12月23日(水) 14:00~ 東京芸術劇場
 2009年12月25日(金) 19:00~ サントリーホール
 2009年12月26日(土) 18:00~ 東京芸術劇場
 2009年12月27日(日) 14:00~ 横浜みなとみらいホール


【NML収録アルバム】

・アホ:交響曲第2番/交響曲第7番(ラハティ響/ヴァンスカ)
 http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-936
・ベートーヴェン:交響曲第2番, 第7番(ミネソタ管/ヴァンスカ)
 http://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1816
・ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(ミネソタ管/ヴァンスカ)
 http://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1616
・オスモ・ヴァンスカ NML収録タイトル一覧
 http://ml.naxos.jp/artist/32059