ホーム > NML新着情報 > 「Labor Records」が新規参加

NML新着情報

「Labor Records」が新規参加(2010年3月8日)

NMLに「Labor Records」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD :40,363枚、579,327曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

Labor Records
作曲家兼プロデューサーであるハイネル・シュダードラーによって作られたレーベル「Labor Records」。ブラジルのピアニスト、ジョアオ・カルロス・マルティンスによるバッハのピアノ作品全集が際立っていますが、その他のレパートリーは、ドイツのアイスラー、ブルガリアのスパソフ、アルバニアのペシなど割と玄人向けです。