ホーム > NML新着情報 > 「Zig-Zag Territoires」ほか3レーベルが新規参加

NML新着情報

「Zig-Zag Territoires」ほか3レーベルが新規参加(2011年3月22日)

NMLに「Zig-Zag Territoires」「aeon」「Outnote Records」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD 51,061枚、734,827曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

Zig-Zag Territoires
1997年にフランスのパリに設立されたレーベル「Zig-Zag Territoires」。古楽中心で始まったが、シューマン、エネスコ、ヤナーチェク、そして現代音楽なども含まれ、さらにはインマゼール指揮アニマ・エテルナ、キアラ・バンキーニ、ブランディーヌ・ランヌーなど、アーティスト面でも近年大幅な拡大を見せており、フランスの新興レーベルの中でも新譜が出るごとに見逃せない存在となってきている。美しいアートワークも特徴の一つ。
aeon
「Zig-Zag Territoires」と同グループのフランスのレーベル「aeon」。古楽から現代音楽まで、よいものは臆せずとりあげている。現代音楽のレパートリーは重宝される。指揮者のトゥルニエール、ヴァイオリンのパパヴラミ、アルディッティ弦楽四重奏団などのアーティストが参加している。
Outnote Records
「Zig-Zag Territoires」と同グループにあるジャズのレーベル「Outnote Records」。