ホーム > NML新着情報 > 「CHANDOS」「WERGO」 新レーベル情報

NML新着情報

「CHANDOS」「WERGO」 新レーベル情報(2006年10月26日)

NMLにイギリスのCHANDOS、ドイツのWERGO、スウェーデンのCaprice、アメリカ・フロリダ州のKlavier、以上の4レーベルが新規に参加しました。本日より一部音源の配信をスタートしています。CHANDOSとWERGOの配信タイトルの中から、注目盤をいくつかご紹介します。

<CHANDOS>
1979年にスタートしたイギリスのレーベルです。四半世紀に渡りハイ・クオリティのディスクを制作し続けており、現在そのコレクションは1500枚以上になります。マティアス・バーメルトやネーメ・ヤルヴィといった実力派のアーティストを録音しながら、一方では若手の発掘にも意欲的で、若き日のサイモン・ラトルや、マリス・ヤンソンス、ナイジェル・ケネディなど、後にメジャー・レーベルで活躍するアーティストたちを抜擢してきたのもこのレーベルです。 イギリスのレーベルらしく本国の作曲家であるスタンフォードやウォルトン、ヴォーン=ウィリアムスなども積極的に録音しています。

<WERGO>
1962年、ドイツで発足したレーベルです。ヴェルナー・ゴルトシュミット氏と、当時ドイツ・シャルプラッテン社で監修を務めていた音楽学者のヘルムート・キルヒマイヤー氏によって創立された現代音楽に特化したレーベルです。 創立者の名前から「ヴェルゴ」と命名されました。1970年にショット・ミュージック社の傘下に入り、同社の現代音楽セクションとして制作活動を再スタート。以来500を超える数のディスクを制作して来ました。 電子音楽にも積極的に取り組み、20世紀・21世紀の新しい音楽の発展と普及に貢献し続けているレーベルです。