ホーム > NML新着情報 > 「Reference Recordings」ほか3レーベルが新規参加

NML新着情報

「Reference Recordings」ほか3レーベルが新規参加(2012年3月20日)

NMLに「Reference Recordings」「Rondeau Production」「Heresy Records」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD 58,739枚、843,438曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

Reference Recordings
1976年創立。HDCD の発明者でもあるキース・ジョンソン博士が30年以上もチーフ・ エンジニアを務めている高音質レーベルアメリカのレーベル「Reference Recordings」。LP期のコージアン指揮ベルリオーズ「幻想交響曲」を高音質録音でリリースしその名を知らしめた。指揮者大植英次氏が1995年から2002年まで音楽監督を務めたミネソタ管弦楽団、ダラス・ウィンド・シンフォニーの録音も多くリリースしている。
Rondeau Production
J.S. バッハゆかりの地、ライプツィヒに拠点をおくレーベル「Rondeau Production」。宗教曲を中心にレコーディングを行なっており、ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団、ウィンズバッハ少年合唱団、ハノーヴァー少女合唱団など名門合唱団を起用している。
Heresy Records
ダブリンに拠点をおくレーベル「Heresy Records」。古楽、伝統音楽、民族音楽、現代音楽と幅広いレパートリーをもっている。