ホーム > NML新着情報 > 「VANGUARD」「VOX」新レーベル情報

NML新着情報

「VANGUARD」「VOX」新レーベル情報(2007年3月19日)

NMLにアメリカのVANGUARD、VOX、フランスのSaphirなど、計6レーベルが新規に参加しました。本日より一部音源の配信をスタートしています。配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

<VANGUARD>
1950年にスタートしたアメリカのレーベルです。LP時代からそのクオリティには定評があり、半世紀に渡って優秀ディスクを制作し続ける老舗レーベル。シゲティやエルマン、ボールト、レオンハルト、アーノンクールなど、名演奏家たちを早くから採り上げて録音を行っており、貴重な歴史的録音を高音質で数多く取り揃えています。

<Vox>
1945年、アメリカで発足したレーベルです。可能な限り低価格に値段を抑えながら、高品質なディスクを取り揃えているバジェットレーベルの先駆者的存在。クレンペラーやホーレンシュタイン、ブレンデル、ロザンドといった優秀な演奏家たちを録音しており、貴重な録音源を多く所有しています。

<Onyx>
ブラック・ボックス・レーベルの創設者であるクリス・クレイカーと、英・DECCAの役員だったポール・モーズリーが2005年に共同で立ち上げたレーベルです。アーティスト主導の制作を重視し、数よりもクオリティを追求するというインディーズならではの方向性を持っており、パスカル・ロジェや、ユーリ・バシュメット、ヴィクトリア・ムローヴァ、クリスティーネ・シェーファーなど、錚々たるメンバーが集結しています。今後の躍進が期待されている新興レーベルです。

<British Music Society>
イギリス国内の知られざる作曲家をを紹介するために創設された組合で、独自のレーベルを所有しています。会長には作曲家のジョン・マッケイブ、役員には指揮者のコリン・デイヴィスやサイモン・ラトル、リチャード・ヒコックスや、作曲家のピーター・マクスウェル・デイヴィスなど、英国を代表するメンバーが名を連ねています。知られざる作品を採り上げる方針のため、その録音のほとんどが世界初演・世界初録音となっており、ほかでは聴くことの出来ない貴重な録音をコレクションしています。

<Saphir>
フランス・パリのラルシペル劇場を本拠とするレーベルです。フランス人作曲家の室内楽作品を中心に録音している一方、イェルク・デムスの弾くベートーヴェンや、ジャズの録音などにも精力的に取り組んでおり、幅広いコレクションを形成しつつあるレーベルです。

<Musical Concepts>
アメリカの新レーベルです。レーベル立ち上げ時は、Voxレーベルから原盤ライセンスを受けて廉価版をリリースする事業をメインとしていましたが、近年は「カラオケ・オペラDVD」に代表される独自の企画を打ち出してきており、今後のリリースに注目が集まっています。