ホーム > NML新着情報 > 「愛知室内オーケストラ」「BookRidge Records」「TEMPUS」が新規参加

NML新着情報

「愛知室内オーケストラ」「BookRidge Records」「TEMPUS」が新規参加(2017年8月5日)

NMLに「愛知室内オーケストラ」「BookRidge Records」「TEMPUS」が新たに参加しました。新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

愛知室内オーケストラ
2002年に結成された日本を代表するプロフェッショナル室内オーケストラ「愛知室内オーケストラ」の自主レーベル。常任指揮者は新田ユリ氏。デンマークの作曲家ニルス・ゲーゼの交響曲を積極的に取り上げている。
BookRidge Records
精神科医、音楽療法士であり、作曲家、ピアニストとしても活動している馬場存氏の録音をリリースしている国内レーベル。
TEMPUS
チェンバロ・フォルテピアノ奏者の小原道雄氏の自主レーベル。演奏される機会の多くない、ポルトガルのチェンバロ作品を多数録音している。