ホーム > NML新着情報 > 「Phoenix Edition」「New Earth Records」「Centaur Records」が新規参加

NML新着情報

「Phoenix Edition」「New Earth Records」「Centaur Records」が新規参加 (2008年8月22日)

NMLに「Phoenix Edition」「New Earth Records」「Centaur Records」が新たに参加しました。今日現在でのNML登録アルバムは、CD 21,412枚、308,303曲!新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

<Phoenix Edition>
2008年5月に創立したばかりの新レーベル「Phoenix Edition」。忘れられてしまっている作曲家の作品に焦点を当てていますが、モーツァルト、ベートーヴェンなどの大作曲家の作品も録音しています。C. エッシェンバッハ、C. シェーファー、R. ツィーザク、トランペットのR. フリードリヒなど第一線で活躍している有名演奏家もの名も多数見えます。

<New Earth Records>
ミュンヘンに1990年に創立された「New Earth Records」。ヨーロッパのニューエイジとワールド・ミュージックの分野において急成長したレーベルです。ヒーリング、瞑想、スピリチュアル、ヒマラヤ、チベットの音楽など多方面の音楽が楽しめます。

<Centaur Records>
ギリシャ語で「ケンタウロス」という意味を持つアメリカのレーベル「Centaur Records」。古楽から現代音楽まであまり知られていない作曲家の作品が大半を占めており、カリヴォダ、ゴルトマルク、シャルヴェンカなど、隠れロマン派の作品などはマニアックなファンに重宝されています。一方で、管楽器の録音にも力を入れています。