ホーム > NML新着情報 > 「Lefthandpianomusic」「シンフォニエッタ静岡」ほか4レーベルが新規参加

NML新着情報

「Lefthandpianomusic」「シンフォニエッタ静岡」ほか4レーベルが新規参加(2018年3月10日)

NMLに「Lefthandpianomusic」「シンフォニエッタ静岡」「dream window」「ArmadilloRecord」が新たに参加しました。新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

Lefthandpianomusic
「左手のピアニスト」智内威雄氏の自主レーベル。「左手のアーカイブ」プロジェクトを立ち上げ、左手のためのピアノ作品という忘れ去られてしまった貴重な音楽作品の発掘・復興と、左手を主とする片手演奏の認知向上と普及振興を目的としている。
シンフォニエッタ静岡
2005年創立の静岡県を拠点に活動するプロフェッショナル・オーケストラ「シンフォニエッタ静岡」の自主レーベル。芸術監督は中原朋哉氏。
dream window
レコーディングエンジニア・深田晃が自ら手がけた録音をリリースしている個人レーベル。深田晃はCBS/SONY(現Sony Music Entertainment)録音部チーフエンジニア、NHK放送技術局制作技術センター番組制作技術部チーフエンジニアを歴任し、サラウンド音響を中心とした研究・制作に携わっている。
ArmadilloRecord
日本とドイツを中心に活躍するオルガニスト・大木麻理の個人レーベル。大木麻理はブクステフーデ国際オルガンコンクールにて優勝歴のあるオルガニスト。2018年度よりミューザ川崎シンフォニーホール ホールオルガニストへ就任。