ホーム > NML新着情報 > 「来日アーティスト特集2018」に「リフシッツ」「レ・ヴァン・フランセ」のページを追加しました

NML新着情報

「来日アーティスト特集2018」に「リフシッツ」「レ・ヴァン・フランセ」のページを追加しました(2018年3月15日)

来日アーティスト特集2018

2018年に来日するアーティストを特集した「来日アーティスト特集2018」に、コンスタンティン・リフシッツとレ・ヴァン・フランセの公演情報を追加しました。

● 来日アーティスト特集2018 - コンスタンティン・リフシッツ
2015年に絶賛を博したバッハ・シリーズの第2弾「バッハは踊る」では、イギリス組曲、フランス組曲、パルティータと舞曲を中心とした作品を披露します。大阪いずみホールと東京文化会館では、2日間に渡り7曲の協奏曲が演奏されます。

● 来日アーティスト特集2018 - レ・ヴァン・フランセ
クラリネットのポール・メイエが中心となり結成され、2002年の初来日以降、絶大な人気を誇るアンサンブル「レ・ヴァン・フランセ」。全国8公演を行い、4月24日の東京オペラシティ公演では、東京フィルハーモニー交響楽団との共演で、「協奏交響曲の夕べ」と題した一夜限りの贅沢な演奏会が開催されます。

【今後の公開予定】
● ミハイル・プレトニョフ(指揮)
● アンドレス・オロスコ=エストラーダ
● ズービン・メータ(指揮)
● サイモン・ラトル(指揮)
● サカリ・オラモ(指揮)
● ウィーン少年合唱団(合唱)

【来日アーティスト特集2018】