ホーム > NML新着情報 > 「中部フィルハーモニー交響楽団」「マスターズ・ブラス・ナゴヤ」が新規参加

NML新着情報

「中部フィルハーモニー交響楽団」「マスターズ・ブラス・ナゴヤ」が新規参加(2018年4月14日)

NMLに「中部フィルハーモニー交響楽団」「マスターズ・ブラス・ナゴヤ」が新たに参加しました。新レーベルの配信タイトルの中から、注目盤をピックアップしてご紹介します。

中部フィルハーモニー交響楽団
愛知県小牧市を本拠地に活動するプロフェッショナル・オーケストラ「中部フィルハーモニー交響楽団」による自主レーベル。芸術監督・首席指揮者は秋山和慶氏。
マスターズ・ブラス・ナゴヤ
東海地区のオーケストラ奏者、音楽大学の講師、フリーランス奏者によって2016年に結成された吹奏楽団「 マスターズ・ブラス・ナゴヤ」の自主レーベル。吹奏楽が持つ魅力のひとつである“音楽を楽しむ”をコンセプトとし、「伝統と革新」を追求し、さらなるクラシックファンの裾野を広げることを目的としている。