ホーム > NML新着情報 > 作曲家・吉松隆氏のエッセイ「ネットDE豪遊クラシック」最新記事アップ!

NML新着情報

作曲家・吉松隆氏のエッセイ「ネットDE豪遊クラシック」最新記事アップ!(2009年1月5日)

作曲家・吉松隆氏が執筆するオンライン・エッセイ、「ネットDE豪遊クラシック」に最新記事がアップされました。

「ネットDE豪遊クラシック」は、ニフティ株式会社の運営するコミュニケーションサイト「語ろ具」と、NMLとの共同企画。NMLで自作の作品を多数配信している吉松隆氏が、NML収録作品を用いて、クラシックの世界を紹介します。

第4回となる今回のテーマは、「演奏はナンバーワンよりオンリーワン」。同じ作品でも、解釈の異なる演奏者が演奏したり、自分の出身国ではない作曲家の作品を演奏したり(たとえばイギリス人が日本人の作品を演奏)すると、音楽の聞こえ方がまったく変わってきます。

吉松氏の記事は月刊ですが、NMLスタッフによる「週刊あそこで聴いたクラシック」と題した、毎週のお勧めCDを紹介する記事もあります。どこかで耳にしたことのある名曲が満載です。

次回の吉松氏の記事は2月2日(月)掲載予定です。お楽しみに。